« 尋常性乾癬 銀屑病(松皮癬) | Main | 眼瞼部の帯状疱疹 »

痰湿による多汗症

≪丹渓心法・自汗・ 四十九≫ の中に: “自汗は気虚、 血虚、湿、陽虚、痰に属する。” と指摘されています。
この内で痰に属するものとは どんなものだろうか?
肥満者に汗かきが多いのはよく知られていますが、それの事です。

中医学では、多汗症の病因病機は痰湿内蘊のために臓腑経絡の気機が阻滞し、そう理(汗腺)の開閉が不利となり汗液が異常に外泄すると考えています。

【病案挙例】
続某, 男, 78歳, 毎日汗が出る, 動くと甚しく, 胸背の発汗が主で, もう数年になる。
2006年4月3日初診, 患者は肥胖型で, 舌体は大きく、辺に歯痕がある, 苔は白膩, 脈は沈滑。
これは痰湿の自汗と辨証される。

二陳湯加味: 清半夏3, 陳皮・白朮4, 茯苓5, 甘草2

連服すること5剤の后、自汗は明らかに減少した, 上方を連服すること半月で, 患者の自汗症状は消失した。

     『難病奇方系列从書 第三輯 二陳湯 (2009年)』 より
Photo

|

« 尋常性乾癬 銀屑病(松皮癬) | Main | 眼瞼部の帯状疱疹 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 痰湿による多汗症:

« 尋常性乾癬 銀屑病(松皮癬) | Main | 眼瞼部の帯状疱疹 »