« 貝母瓜呂散  粘痰 | Main | 湿瘡 (湿疹) »

乳腺増生病 乳腺腫

乳腺増生病は中医の“乳癖”に属する。
中医では肝腎両経が乳房に密切な関系があると考えている。
それに次ぐのは衝任両脈である。

肝鬱気滞、情志内傷は乳癖の発病に重要な影響を与える。
平素から情志抑鬱, 気滞不舒があれば, 気血の周流は失度し, 乳房の胃絡に蘊結するので, 乳絡経脈は阻塞して不通となる, 「不通なれば痛む」で 乳房に疼痛が起る;
肝気が横逆して胃を犯せば, 脾は健運を失い, 痰濁が内生し, 気滞血淤に痰を挾めば結聚して核となり, 循経して乳中に留まる故に乳中結塊となる。

肝腎不足, 衝任失調もまた乳癖を引起す重要な原因である。
腎は五臓の本であり, 腎気が天癸を生ずると, 天癸は衝任を激発する, 衝任は下の胞宮より起り, 上りて乳房に連なる, 衝任の気血は, 上行すれば乳となり, 下れば経となる。
若し腎気不足し, 衝任が失調すれば, 気血は滞り, 積淤は乳房と胞宮に聚り, 或いは乳房疼痛して結塊となり, 或いは月事は乱調になる。


【臨床応用】
滕正霞は丹梔逍遥散を用いて本病を治療した。

薬用: 丹皮・焦梔子・柴胡・白朮・茯苓・当帰・赤芍・王不留行・路路通・海藻・乳香・没薬3, 生牡蛎・丹参・夏枯草10, 薄荷2

---

【病案挙例】
張某, 女, 32歳, 1997年4月7 日就診。
結婚生活4年になるが, 夫妻の仲が悪くて憂鬱な毎日が続いている。
両年前に双側の乳房に腫塊が出現し, 乳房が脹痛し, 痛みが胸脇肩背に引っぱる, 情志が不暢になれば加重する, 経前に痛みが甚しく, 経后には緩解する, 経前に腹痛を伴い, 行経は不暢で, 血塊を夾み, 胸悶して食欲不振である, 心煩して怒り易く, 神疲乏力し, 口干と口苦があり, 双目は干渋し, 大便は秘結する。
面色は晦暗で, 形体は消痩しており, 精神不振(元気が無い), 舌質は淡紅, 苔は厚膩で微黄燥, 脈は弦滑で微細。

触診: 左乳房に6cm x 2cmの大小条索状腫塊を触れ, 右乳房には3个の大小不一なるものを触れ、形状不規則の腫塊で, 硬さは中等で, 固定せず動き, 辺界ははっきりしており, 表面は光滑で, 触痛がある。

証は 肝鬱脾虚, 気滞痰凝, 鬱火内盛, 陰虧血虚に属する。

先ず 疏肝解鬱、清肝凉血、潤燥通便させ, 継いで調和肝脾、消淤化痰、軟堅散結すべし。

丹梔逍遥散加減: 柴胡・香附・白朮・茯苓・牡丹皮・梔子・生大黄・玄参3, 生甘草2g

5剤を服した后, 脹痛は減り, 大便も正常となった。

  -大黄, +三稜・莪朮・穿山甲3, 鬱金・皀刺・赤芍・瓜呂・丹参5g

8剤を服した后 腫塊は縮小し, 脹痛も大いに減った。

  -三稜・莪朮,  穿山甲6g に改める。

10剤を服して, 脹痛は消え, 左乳腫塊は蠶豆大に縮小し, 右側の腫塊は消えた。

     『難病奇方系列从書 第三輯 丹梔逍遥散 (2009年)』 より

|

« 貝母瓜呂散  粘痰 | Main | 湿瘡 (湿疹) »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 乳腺増生病 乳腺腫:

« 貝母瓜呂散  粘痰 | Main | 湿瘡 (湿疹) »