« 神経症 (神経官能症) | Main | 慢性前立腺炎 »

痴呆症 脳萎縮

病位は脳に在れど, 心、肝、脾、腎の功能失調と密切に相関している。
病理の多くは本虚標実の候に属し,本虚とは陰精、気血の虧虚であり, 標実とは気、火、痰、淤が脳に内阻することである。
≪霊枢.海論≫: "髄海が不足すれば,脳転して耳鳴し, 脛は酸(だる)く眩冒(めまい)し, 目は暗く,懈怠のあまり臥せってばかりいる。"
≪辨証録≫: "肝気の鬱から始まり; 胃気の衰で終わる。肝鬱すれば木克土となり, 痰が生まれる, 胃が衰えれば土は水を制することが出来ず, 痰は胸中に積もり,心外に盤踞して,神明を曇らせ, 呆病となる"。
多くの患者は痰濁蒙竅 及び淤血内阻であるが, 腎との相関も密切なので,補腎をおろそかにする事は出来ない。

【臨床応用】

李氏の治験
菖蒲鬱金温胆湯: 菖蒲・半夏各5, 鬱金・枳実・竹茹・南星・陳皮3

気虚 加黄耆10;
腎虚 加補骨脂10, 益智仁3;
肝気不舒 加柴胡3;
血淤 加丹参10, 牛膝3;
煩躁 加蓮子10, 遠志3;
頭痛 加川弓10, 白止3

---

【病案挙例】
(1) 張某, 男, 70歳。
初診は1994年3月27日(妻代訴), 半年前に頭昏悶痛を感じ, 記憶力が減退した, 馬鹿になったように静坐しており, 女の子が騒いでも無反応である。
症状はだんだん重くなり, 記憶力は喪失し, 神志は恍惚として, 表情は淡漠で, 数時間じっと坐っている。
西安の某医院でCT検査したら, 小脳萎縮だった, 血圧正常, 脈弦, 舌は紫で苔は白厚。

中医の診断は 肝鬱気滞,痰濁阻竅

菖蒲鬱金湯: 菖蒲5, 鬱金・竹茹・枳実・半夏・陳皮・南星・柴胡・甘草・牛膝3, 丹参・川弓10

服薬すること半月ばかりで, 神志清を感じ, 頭昏、頭悶痛は減軽し, 一部の記憶も恢復し、診察時にも表情が出てきた。
さらに服薬すること半月で,前の症状は消失し,受け答えが出来るようになり,記憶力も恢復した。

     『難病奇方系列从書 第三輯 温胆湯 (2009年)』 より
---


(2) 某女,61歳,1995年6月10日初診。
主訴: 寝てばかりおり、3年前から記憶力が減退してきた。
この1年は気力が集中せず,記憶力は明らかに減退し,語言、行動反応が鈍く, 外出時には常に路に迷い, 歩行が危うい。
舌質は淡で、 苔薄く白潤している, 脈は沈弦細。

証は痰淤阻竅に属するので, 治は豁痰開竅、益気健脾が宜しい。

二陳湯 加醒脳益気薬
処方: 半夏・陳皮・天麻・天竺黄・胆南星・益智仁・黄耆・石菖蒲・何首烏・桑椹3, 茯苓・鈎藤・白朮・赤芍・川弓・葛根・生山査・紅花・丹参5, 升麻・遠志・当帰2, 甘草1, 三七粉1 (冲)

服薬30剤の后, 精神、語言は明らかに好転した, 原方を服すること100余剤で, 精神、記憶力は基本的に正常に戻った。


按: 脳萎縮の多くは老年人の陽虚による水湿内停から, それが集まって痰となり, 経絡を阻滞し, 血淤となり発病する。
このために常に痰・淤より論治する。
諸薬を合用する事により, 化痰開竅、益気健脾、活血去淤をなし, 気血の運行は通暢して, 諸症は除かれる。

     『難病奇方系列从書 第三輯 二陳湯 (2009年)』 より

|

« 神経症 (神経官能症) | Main | 慢性前立腺炎 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/45868084

Listed below are links to weblogs that reference 痴呆症 脳萎縮:

« 神経症 (神経官能症) | Main | 慢性前立腺炎 »