« 痰湿による多汗症 | Main | 二陳湯には烏梅を入れよ! »

眼瞼部の帯状疱疹

眼部の帯状疱疹は病毒が三叉神経を侵犯している, 中医学では“火丹”と称し, 多くは肝経の火毒の患に属し, 清肝瀉火、解毒止痛法を採用し, 方には竜胆瀉肝湯加減を用いると治療効果が佳い。

【臨床応用】
常氏は竜胆瀉肝湯を基本方とした。

若し痛劇あれば 加延胡索、鬱金;
血疱あれば 加牡丹皮、赤芍、紫草;
口苦咽干 加石膏、麦門冬;
大便秘結 加生大黄

別に五倍子6、青黛l0、冰片3、滑石粉・石膏粉20g を用い,研細して, 麻油にて調均し,患処に塗敷する。(加味青黛散油膏)


【病案挙例】
趙某某, 女,39歳, 右額部及び右上眼瞼に小疱を生じ黄水を流し,灼熱疼痛する。
角膜下方に少し許り点状の混濁あり。
頭痛、咽痛と口苦, 小便は短黄,舌は紅く苔は黄膩,脈は滑数。

証は肝経湿熱に挾風邪を兼ねる。

竜胆瀉肝湯加減: 竜胆草・梔子・黄岑・車前子・生地3, 白鮮皮・蒲公英4, 柴胡・荊芥・甘草2

服薬すること7日で, 右眼瞼及び額部の疱疹の大部分は結痂し,結膜充血(+),角膜の点状混濁は浅くなった。

上方から黄岑・白鮮皮・荊芥を去り,蝉蛻2、草決明4gを加えて,続用すること7剤の后,疱疹の結痂は脱落し, 角膜の混濁は消除した。


按: 本病例は眼瞼及び額部の皮膚に始まったが,その区域は肝経の循行する処である。
≪霊枢.経脈≫に謂わく 足の厥陰肝経は上行して目に至り額に出る。
局部及び全身に火毒及び湿熱挾風の象がある, 故に竜胆瀉肝湯で清熱瀉火し湿熱を利す。

     『難病奇方系列从書 第三輯 竜胆瀉肝湯 (2009年)』 より

------

本病は中医の“風赤瘡痍”の範畴に属し, 多くは脾経に湿熱があって, 風邪を外感し, 風熱の邪が循経して胞瞼を上犯したものである。
治療には清熱凉血・散淤止痛で其の表を治し, 清熱解毒・散淤除湿で其の本を治さなければならない。

【臨床応用】
楊氏は加味黄連解毒湯を応用した。

組方: 黄連1, 炒黄岑・黄柏・炒山梔・炒白朮・紅花3.5, 木通・川弓2, 車前子・竜胆草2.5

浅層の角膜炎を并発した患者に対しては, 中薬方中に谷精草7, 木賊草・蝉蛻・密蒙花3.5 を加える。


按: 中医では本病の多くは脾経に湿熱が蘊結し, 加えて風熱毒邪に感じ, 経絡に痺阻して, 気血の運行が不暢になり, 眼瞼の肌表に鬱して発病するものと考えている。
治療には清熱解毒を主とし, 加味黄連解毒湯を選用する。

また煎湯の汁の一部を取り、それに冰片を加えて, 外治として局部を熱敷する。

     『難病奇方系列从書 第三輯 黄連解毒湯 (2009年)』 より

|

« 痰湿による多汗症 | Main | 二陳湯には烏梅を入れよ! »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 眼瞼部の帯状疱疹:

» 神経性心理学 [神経性心理学]
心理学に興味のある方、歴史に名前を残したいという野心を持っている方は、是非心理学の資格を取得し、研究の道を目指してみてください。現在、心理学というと、だいぶその輪郭が見えてきたかと思います。00年代以降も多くのテクニックが生まれているので、今が学問におけるピークの段階と言えます。社会問題にもなっている為、必然的に心理学というものがクローズアップされるようになり、かなり身近なものと�... [Read More]

Tracked on 2009.08.13 01:42 PM

« 痰湿による多汗症 | Main | 二陳湯には烏梅を入れよ! »