« 急激な悪化は何故起こるのか?(1) | Main | 陽気が昇る時間//陽気を上げる食物 »

嗜眠、嗜睡、傾眠

いくら寝ても眠い、と訴える人がいます。
そういう人は睡眠相が遅延していて、寝る時間帯が大変遅いものです。
睡眠相が遅れているのは即ち不眠だからです。
不眠と嗜眠は同一のものです。

最近よく相談される症状として、
「眠れない・いくら寝ても眠い・のぼせる・汗っかき・寝汗をかく・痒い・尿が濃い・不安感・疲れやすい」
というのがあります。
これは陽気が亢進(陽亢)している状態です。
急性症状ではなく慢性症状であることから、この陽亢は虚陽の亢進(虚火=炎症)です。

虚火の生成は陰虚(肝腎陰虚//心陰虚)が原因です。
よく云うところの“陰陽のバランス”が崩れて「陰<陽」に傾いているからです。

陰が不足して「陰虚」になると、その分だけ陽気を制御する事が出来なくなります。
制御されなければ陽気が勝手に動き回ります。
それが心経で起これば心神不安となり、前述の不眠・のぼせる・汗っかき・・・などの症状になります。
これを防ぐには不足している陰分(津液や血液)を補ってやらなければなりません。
今の世には「陰虚」が非常に多く見られます。
いくら精神安定剤を用いても的外れですからちっとも効きません。

陰虚だと陽気の発生が少ないので寒がりで冷え性です。
そのくせ、のぼせたり汗かきだったり足の裏がほてったりします。
熱しやすくて冷えやすい」というのが陰虚の特徴です。
津液の不足や血虚があれば当然、スタミナと潤いも追いつきません。


肝腎陰虚 (気鬱が続くと火を動かし陰液を消耗する)

心陰虚  (心労と津液の消耗が過ぎると心神は不安定になる)

心肝陰虚 (陰液や血液が不足すると相対的に陽気が盛んになる)


代表的なおすすめ漢方処方は、黄連阿膠湯天王補心丹です。
市販品には無くて煎じ薬になります。

|

« 急激な悪化は何故起こるのか?(1) | Main | 陽気が昇る時間//陽気を上げる食物 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 嗜眠、嗜睡、傾眠:

« 急激な悪化は何故起こるのか?(1) | Main | 陽気が昇る時間//陽気を上げる食物 »