« おなら再々考 | Main | 持薬と風邪薬を一緒に飲んでもいいか? »

インフルエンザを予防したいが・・・

ある方からの相談です。

> 僕も含めて家族がかかるのを予防できないかと思いました。

空気伝染をするインフルエンザは殆ど予防が出来ません。
人から離れている事が唯一の予防法です。

> 娘がA型インフルエンザにかかりました。

家族が発病すると、これはもう家の中にウィルスが飛んでいます。
呼吸で吸い込む事は避けられません。
体内では必ず免疫力による闘病反応が起こります。
さむけ・発熱・頭痛・咽痛・咳嗽・鼻水などです。
一人一人、免疫力によって症状は違います。
現れている症状によって闘いの現場へ応援を送らなければなりません。

寒気なら発汗するように、発熱なら清熱法を、咽痛なら解毒法を、咳嗽なら清肺法をとそれぞれです。
誰でもみな一つの方法で済むという訳には行きません。

症状が出ていないのに予防の為に飲む事は出来ませんが、一つだけやり方があります。
それは例年どんな風邪を引いていたかを振り返ってみて、自分の風邪はいつも寒気から始まるとか、あるいは咽痛から始まるとか、痰のからむ咳嗽を伴うとか、何か特徴があるはずです。
それを思い出して未然に先手でその対応する処方を服薬する事です。
みな一様にワクチンを注射するよりも、こちらの方が個性的です。

A型とか新型とか季節性とかインフルエンザの型については全然考える必要はありません。
みんな一緒だと思ってください。
何故なら病んでいるのは ウィルスではなく、自分の肉体なんですから。
自分を放っておいてウィルスばかりをやっつけたって治療になっていません。

この頃、麻黄湯が新型インフルエンザに有効だという情報が流れていますが、理屈から云っても一つの処方が誰にも効くものでは無いという事はお分かりでしょう。

|

« おなら再々考 | Main | 持薬と風邪薬を一緒に飲んでもいいか? »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インフルエンザを予防したいが・・・:

« おなら再々考 | Main | 持薬と風邪薬を一緒に飲んでもいいか? »