« 妊娠中に漢方薬を飲んでも良いか? | Main | くしゃみ 肺腎陰虚 »

疏泄太過による小便失禁

姫某,女,50歳。
曽つて陰虚血崩(月経過多)を病み,余が治愈させた事がある。
今は尿頻となり、ひと月余り尿急に見舞われている。
稍 尿意があると急いで厠へ行くのだが,少し遅れると失禁してしまう。
尿時は痛みなく,また灼熱感もなく、腰も痛くない。
食欲が殆ど無く,大便は一日一行ある。
舌は淡紅,苔は白く微膩,脈は弦細弱。

腹診:腹皮が薄弱で,圧痛は無いが,腹筋の緊張がある。

脈と症を観るに,此れは陰血不足,肝木失養,疏泄太過の証である。

治は当に柔肝緩急すべし,《傷寒論》芍薬甘草湯を,まず選方する。

 白芍15g 甘草15g 三剤

二診:尿頻、尿急は明らかに減軽したが,食欲はまだ少ないので,原方に鶏内金10gを加えて,更に三剤。

三診:小便失禁の状は,無くなった。
患者が病の復発を惧れ,もう三剤を求めた。
余もまた欣然として之を与えた。

臨証実験録

|

« 妊娠中に漢方薬を飲んでも良いか? | Main | くしゃみ 肺腎陰虚 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/46848521

Listed below are links to weblogs that reference 疏泄太過による小便失禁:

« 妊娠中に漢方薬を飲んでも良いか? | Main | くしゃみ 肺腎陰虚 »