« 疏泄太過による小便失禁 | Main | “陰火”とは »

くしゃみ 肺腎陰虚

陽虚噴嚏案
杜某,女,38歳,木芝村の人なり,1994年4月13日初診。
毎日早晨6時15分頃になると,噴嚏が狂ったように出て,涕泪滂沱のごとし,鼻塞がりて不通となる,8時の朝餐后になると自ら止まる。
已に三年を歴る。
自分では感冒だと云い,多種の感冒薬を服するも不効。

噴嚏は,鼻内の異物を排除する本能反射であり,肺気を開啓して,外気と正常に戻す現象である。
たまたま発声すれば,周身は清爽舒泰となる。
だけど此のような噴嚏は,大病に非ずといえども,亦甚だ苦悩に感ずるもので,当に怪病の列に属します。

これを診察するに,腰脊に酸痛あり,口干や咽干ありて,冷たいものを飲みたがり,月経は早まわり,量少く質が黏る,舌紅く苔がない,脈象は細数である等の一連の腎陰虚損症状が見られる。
おそらく腎陰虚だから,肺陰も亦虚しているだろう,子が母の気を盗むゆえ。
肺陰が虚すれば肺気は腎根に帰納できず,肺気上逆となり噴嚏が止まらない訳だ。

もとより感冒に非ず,故に感冒薬で治せるものではない。
滋陰補腎,潤肺斂金を以って治すに宜し。

六味地黄湯加減:
生地24g 山薬12g 山萸12g 丹皮10g 沙参15g 百合30g 白芍15g 当帰10g 石膏30g 三剤

二診:噴嚏は明らかに減少し,鼻塞、多涕も亦次第に減軽した。
已に証に適中したるを知るも,原方を続進すること三剤。
噴嚏は遂に止った。

臨証実験録

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

私はこの治験を読んで大変感銘しました。
何故なら私自身もこの例に近く、(クシャミこそしませんが)朝方にはよく鼻をかむことが続いていて、アレルギー性鼻炎だと思っていました。
また早朝散歩の時には冷風に当たると目から流涙があります。

食事で熱いものや刺激性のものを食べると、やはりズルズルと鼻涕が出ます。
気になりながらも明快な説明が出来ずにいましたが、この治験例から実態が見えてきました。

「盖腎陰虚,肺陰亦虚,子盗母気使然。虚則不能納気帰根,致肺気上逆而噴嚏不止。」

腎陰虚が根源の原因だった。
「子が母の気を盗む」(五行相生の関係では 腎は肺の子、肺は腎の母になる)事により、腎陰虚は肺陰虚を併発する。(肺腎陰虚)
二次的に起こった肺陰虚から「肺が気を主る」という機能が乱れる。
そうなると宗気虚弱からアレルギー性鼻炎を起こしてくる。
鼻からの流涕のみならず、冷風に当たると目からも流涙します。
治法は肺腎陰虚を治すことです。

肺腎陰虚は正常な老化現象でも現れるけれども、現代ではストレスによって若年者にも現れています。
花粉症、アトピー、喘息などにも この類が多く観察されます。

|

« 疏泄太過による小便失禁 | Main | “陰火”とは »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference くしゃみ 肺腎陰虚:

« 疏泄太過による小便失禁 | Main | “陰火”とは »