« November 2009 | Main | January 2010 »

唇風 (剥脱性唇炎)

陰火上衝”の具体例です。

脾陰虚・唇裂火燎

 夏某,男,27歳,2000年5月18日初診。
患者は公安の仕事に従事しており,生活の規律を欠くことが多く,時には徹夜になり,飲食がでたらめである。
翌年の秋以来,周期性に口唇皸裂を発し,脱皮干燥すること火燎の如く,堪え難し,近くで医療を求むるも効なし。
症見は形体消痩,精神疲倦,面色少華,口唇は稍腫れ,皸裂脱皮,干燥して火燎の如し,唇色は丹の如く,食少なく時に腹脹し,大便は溏,毎天4~5次。
舌尖は稍紅く,舌苔薄く,脈細弱。

診断 :唇風(剥脱性唇炎)。
辨証 :脾陰虧乏,陰火内生。
治療 :健脾益気降陰火。
処方 :参苓白朮散加減。

【処方】 (山薬6 [火畏]葛根・生白芍薬・炒麦芽・炒扁豆・炒谷芽5 太子参4 炒白朮・冬桑葉・石斛・緑梅花・麦門冬3 黄連・淡竹葉・生甘草2)42

二診:服薬5剤后,唇色は淡に変り,腫れは消え,皸裂脱屑は明らかに好転し,食欲は増進した,舌苔は薄く,脈弱。

上方より黄連を去り,胡黄連2 烏梅3gを加える。
継服すること7剤。

三診:服薬后大便は已に正常となり,口唇皸裂も已に癒え,脈舌は正常となった。

上方より烏梅・胡黄連を去り,砂仁(后下)2gを加えて,継服すること10剤で以って療効を鞏固ならしめる。

 【按語】此案は脾胃気虚から,陰火内生へと導びかれた。
患者は労倦により飲食が脾胃を内傷し,脾虚により運化が失職し,形体消痩となり,食欲減退と便溏をきたした。
脾は口に開竅し,其の華は唇に在る,脾虚して陰火が上升すれば口唇は皸裂して,色が丹を塗りたる如くになる。

 (張暁明.胡斌治療疑難雑症四則.実用中医薬雑志,2003-6-316)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

古くはこんなのもありました。

歯茎の腫れ---陰火

| | Comments (0) | TrackBack (1)

我が家のおねしょ

夜尿症 遺尿 の後半に「小兒に特有の“稚陰稚陽”、“肝常有余” 等の生理的特長が容易に肝鬱化熱的な病理を起こさせる」という記載があります。
つまり小児はもともと疏泄太過になりやすいものなのです。
だから睡中遺尿はあって当然、生長するに伴って疏泄が制御されていくのです。

疏泄太過による小便失禁 を書いた時、遠い昔に、我が家の娘がおねしょをして妻を悩ませていた事を思い出しました。
血色の無い、痩せて食の細い女の子だったので未生熟のためにおねしょをするのかと思っていたものです。
その反対で、未生熟も疏泄太過の結果だったとは夢にも思いませんでした。
今から思えば、あの時に芍薬甘草湯などを飲ませておけば良かったのです。

小児のおねしょで最も多いのが疏泄太過によるものです。
従来は小建中湯や八味丸や甘草干姜湯などや、時には何の根拠か葛根湯までが使われていますが、理論の無さは民間療法と同じです。
しかし最近は、おねしょの店頭相談はめっきり減りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

“陰火”とは

李東垣の陰火説は次のようになっています。 

労倦,飲食内傷脾胃,清陽下陥,導致穀気下流,壅于少陰,引動少陰陰火“上乗土位”

一般に少陰陰火とは心火と包絡之火のことですが、いくら読み返してもよく意味が分かりません。
“上乗土位”とは、脾胃(土位)の清陽が下陥すると虚に乗じて心火が脾胃の領域を襲うという意味。
これの治療法は有名な“甘温除大熱”之法です。
“瀉火”ではなくて“升陽”によって自然に陰火が降る方法です。
“甘温除大熱”はまた「補土伏火」とも云われます。
処方には補中益気湯や補脾胃瀉陰火升陽湯が挙げられます。

穀気下流とは穀気上升に対比して云われており、脾胃の機能が極端に不和の状態になっている事。
穀気が全身に輸布されないと下焦に溜まって湿熱を造成し、少陰の“陰火上衝”を起こすようになる。
すなわち納呆(食欲不振),胸満,長期低熱(微熱),二便不調,多唾口燥,歯衄,口瘡(アフター) 等の症状になる。
下焦の湿熱は水中の火であるので陰火と名づけられ、少陰経脉をさかのぼって行く。

さて、脾胃気虚・清陽下陥・陰火上衝の三者にどんな関連性があるのか?
この疑問に対してネット上で次の様な記事を見つけました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

Continue reading "“陰火”とは"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »