« くしゃみ 肺腎陰虚 | Main | 我が家のおねしょ »

“陰火”とは

李東垣の陰火説は次のようになっています。 

労倦,飲食内傷脾胃,清陽下陥,導致穀気下流,壅于少陰,引動少陰陰火“上乗土位”

一般に少陰陰火とは心火と包絡之火のことですが、いくら読み返してもよく意味が分かりません。
“上乗土位”とは、脾胃(土位)の清陽が下陥すると虚に乗じて心火が脾胃の領域を襲うという意味。
これの治療法は有名な“甘温除大熱”之法です。
“瀉火”ではなくて“升陽”によって自然に陰火が降る方法です。
“甘温除大熱”はまた「補土伏火」とも云われます。
処方には補中益気湯や補脾胃瀉陰火升陽湯が挙げられます。

穀気下流とは穀気上升に対比して云われており、脾胃の機能が極端に不和の状態になっている事。
穀気が全身に輸布されないと下焦に溜まって湿熱を造成し、少陰の“陰火上衝”を起こすようになる。
すなわち納呆(食欲不振),胸満,長期低熱(微熱),二便不調,多唾口燥,歯衄,口瘡(アフター) 等の症状になる。
下焦の湿熱は水中の火であるので陰火と名づけられ、少陰経脉をさかのぼって行く。

さて、脾胃気虚・清陽下陥・陰火上衝の三者にどんな関連性があるのか?
この疑問に対してネット上で次の様な記事を見つけました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

(実習編輯:伍智聡)
最近,陳国豊先生の『陰火とは本寒標火証を指す』という一文を読みました。
しかし,陳先生は虚と火の間の関系を明らかにしていないと思い、次に反論を書きます。

 

気虚が陰火の始まりである

《内外傷辨惑論》と《脾胃論》でもっとも強調するのは飲食失節、寒温不適、情志不調、労役過度等に因って,脾胃が受ける証情及び治療等である。
故に脾胃気虚もその内の一つにあたる。
気虚の基本表現は乏力,肢体沈重,気短,懶言,嗜睡,納差,口不知味,虚喘,小便数而不渇,多唾,鼻流清涕,自汗,悪風寒,或いは腹痛,腹脹,便稀等々であり,これらが原著中で補中益気湯を基本方とする所以である。
陰火の一証も,気虚が最初の病理である。

 

鬱滞が陰火の直接原因なり

 陰火は如何にして産生するか?
気虚がどのようにして陰火へと変わるか?
李東垣の《内外傷辨惑論》で詳細に論述するのは,結局以下の2点である。

 1. 湿気が下流し,鬱して熱を生ずる

 李氏曰く:“腎間に脾胃から下流する湿気を受け, 其の下が閉塞すると, 陰火上衝となり,蒸蒸として躁熱をなす。”
ここでの鍵は“下流した湿気が其の下を閉塞させる”ことで,この“閉塞”が陰火の来源となると解釈される。
即ち“湿気が鬱阻して熱を生ずる”,という説は,脾胃虚弱のため,水湿が化し難く,湿気下流となり,下で閉塞し,鬱して熱を生じ,李氏のいう“陰火上衝”を形成するのである。
原文の“腎間”とは,我々は下焦、下部等のことと理解している。

 2. 気虚下陥すると, 鬱して熱を生ずる

 李氏曰く: “脾胃の気が不足すると,反って下行し,下行が極まると衝脈は火逆して上昇する。”
ここで云う“気が不足すると反って下行する”とは,現代でいう“気虚下陥”のことである。
一般には気虚と火逆は直接関係が無く,気虚は直接に火熱を産生する事は無い。
但し,気鬱すれば火熱を産生する直接原因になるだろう。
気虚は又気鬱を産生する素因であるから,気虚の形成と気鬱は同時に起こる。
気虚下陥すれば,気鬱下焦となり,或いは気湿鬱滞下焦となり,その後で鬱が火を生じて上炎する。
これが陰火産生の一機理である。

 以上の2点から,陰火の機理は,実際には気虚下陥の基礎上で湿阻生熱か或いは気鬱生熱を発生することだと分かる。
鬱の表現は,腹痛、腹脹、[ロ愛]気等である。
また,臨床上常見される気虚による臓器下垂も,また気虚の基礎上で発生した鬱滞である。
ここで,気不生血、血虚発熱等の可能性も排除できないけれど,李氏の原意は,気虚下陥すると,虚に因って鬱を生じ,鬱に因って熱を生ずる,それが陰火産生の主要病理であるという事です。
また,本証を治療する代表方は補中益気湯で,正に補虚を主とするけれども、虚鬱并顧の功能がある。
この“火”は,実際に存在する真有の火(熱)であり,決して假象の火ではない事を強調しておく。

|

« くしゃみ 肺腎陰虚 | Main | 我が家のおねしょ »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference “陰火”とは:

« くしゃみ 肺腎陰虚 | Main | 我が家のおねしょ »