« 漢方と食道癌 | Main | 漢方と大腸癌 »

漢方と肺癌

肺は嬌臓(か弱い臓器)とも五臓の華盖(天蓋)ともいい,陽気が常に不足しやすい臓器である。
それで“気虚”“陽虚”になることが多い 。
肺癌の患者には舌質偏胖,苔薄白,面色蒼白、乏力、倦怠等の陽気虚証を表している者が見られるので、漢方では殊のほかここに留意する。

故に終始一貫して温陽益気法を基本とする事が多い。

肺癌主方
 人参(or西洋参)10g,黄耆30,麦門冬・菟絲子・女貞子・仙霊脾・沙参15,桂枝20,炮附子30-60(先煎),五味子9,鹿茸3g

その他 証に応じて薬味を加減するのは云うまでもない。

1.脾虚痰湿型
2.気陰両虚型
3.気滞血淤型
4.熱毒熾盛型
5.気血両虧型

---

中、晩期の患者になると 気短、乏力、咳嗽、咯血、胸痛などの気陰両虚,陰虚内熱型が主流を占めてくる。

益肺清化顆粒では
 黄耆、党参、甘草により補気を,沙参、麦冬、仙鶴草、拳参、敗醤草、白花蛇舌草、川貝、紫苑、桔梗、苦杏仁などで養陰、清熱去火、潤肺化痰作用を図る。

気陰両虚型症とは、干咳で痰が少い,咳声は低微で,痰に少し血が混じる,痩せて活気がなく,口は干き呼吸が早い,目を瞑っても眠れず,胸が煩らわしく心悸する,食は減り疲れやすく,舌は紅くて干く、苔は白く干くか或いは無苔である,脈は沈細。

これは肺脾両虚,腎陰枯竭の証である。
治療法は 益気養陰,扶正除積。
方用 生脈散合六味地黄湯加減

処方:党参、麦冬、五味子、茯苓、熟地黄、山茱萸、百合、浙貝母15g,山薬25g,桔梗10g,冬虫夏草、甘草各6g

(民間療法では簡単に免疫力を高めるなどと云っているが、そんなに生易しいものでは通じない)

|

« 漢方と食道癌 | Main | 漢方と大腸癌 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 漢方と肺癌:

« 漢方と食道癌 | Main | 漢方と大腸癌 »