« 怒りについて | Main | 過食症 »

アトピー性皮膚炎と妊娠性掻痒症

妊娠性掻痒症とか妊娠性痒疹と呼ばれる妊娠性の皮膚病があります。
原因は不明なるも一説によれば、妊娠によるホルモンの影響で皮膚が変化したり、子宮が胆嚢を圧迫する結果、胆汁が鬱滞して起るとも。

痒疹の特徴は「第2子目の妊娠初期~中期に発症、出産まで治らない」「丘疹と紅斑が四肢から始まり広がっていく」「多発性で強い掻痒を伴う」
「胎児には影響はなく、出産後すみやかに治癒する」などです。

日本ではこれを妊娠期肝内胆汁うっ滞症の一つとしてとらえています。
中国では妊娠胆汁蓄積症や妊娠期肝内胆汁淤積症といっています。

これは古くは “風掻痒”、“風痒”、“血風瘡”、“痒風” 等と云われていました。
なぜ私が今これを問題にするかといえば、これがアトピーと関係するのではないかと思ったからです。
アトピー性皮膚炎」で示唆したように「茵陳蒿」がキーではないかとずーっと思っています。

---

妊娠期には陰血が養胎のために下注するので,血脈虧虚となります。
血虚生風の理由で、風によって化燥が起こり,肌膚は失養する。
また胎児の体が生長すると母体の気機を阻碍することがある。
即ち 三焦(※)の気機は失調し,水湿が内停し,それが湿熱を化生するや,肌膚へと熏蒸し,黄疸や皮膚掻痒を発する。
つまり掻痒の根本原因は“”の邪である。
風には外風、内風がある。
外風には寒、熱、湿を兼ねる違いがある。
内風には血熱、血燥、血虚、血淤の区別がある。

(※) 三焦は臓腑・組織・器官のあいだの空隙(体腔)のことをいい,気・血・津液・火の通路としての機能を有しています。

漢方では,“風を治すには先ず血を治せ,血が行れば風は自ずから滅す”といい,妊娠性掻痒症の治療にも活血を強調している。
朱剣文等は復方丹参針を運用していますし、高蔭楠等は清胆理気化淤法を運用して良効を収めています。

また肝胆湿熱も主な要素の一つです。
黄健は自擬護肝利胆湯 (制大黄、金銭草、茵陳、炒蒼朮等) で、陳順存は自擬退黄益胎湯 (茵陳、黄岑、虎杖、大黄等) で、また麻黄連翹赤小豆湯、茵陳湯(茵陳、車前草、金銭草、金銀花、黄耆、鬱金、甘草)等を運用している者もありますし,方欣栄は自擬利胆止痒湯 (茵陳、白鮮皮、蒲公英、黄岑、鬱金等) で治療しています。

妊娠掻痒性皮膚病的中西医診療進展

以上のようにアトピー性皮膚炎と妊娠性掻痒症には何か関連性があるのではないかとの思いから、治療に当たっては活血と肝胆湿熱の二点を押さえれば突破口が開けるのではないかと思うのです。

|

« 怒りについて | Main | 過食症 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アトピー性皮膚炎と妊娠性掻痒症:

« 怒りについて | Main | 過食症 »