« 漢方と乳癌 | Main | 頭頂痛 »

漢方と子宮癌

子宮頚癌は総括すれば「正虚・衝任脉の失調,湿熱凝聚」に他なりません。
症状から遡って弁証すると次の様になります。

1. 肝鬱気滞は、七情が虧損し,五臓の気血が乖逆すると起きる。
 怒りは肝を傷つけ,憂思は脾を傷つけ,疏泄が正しく行われなくなり,気血鬱滞の結果 子宮癌となる。

2. 肝腎陰虚は、早婚にして多産だったり、房事過多だったりして腎を傷つけると起きる。
 腎陰が虧損すると,精血は不足して,衝任脉が失養する。
 或いは肝腎陰虚から,陰虚による内熱を生じ,虚火が妄動すれば,崩漏を生ずる。

3. 湿熱淤毒は,下血が止らないうちに,性交したり,感染症が長引いて、温鬱化熱して起きる。
 湿毒が下注すると,遂には帯下になる。

4. 脾腎陽虚は,先天の腎気が不足しているか,或いは早産・多産・房事不節により,腎気を損傷すると起きる。
 衝任脉が緩むと,帯下・崩漏を生じずる。
 或いは憂愁思慮が脾を傷つけて,運化が失職すれば,水湿は下焦に注ぎ帯下となり、痰湿が胞中に凝聚すれば,子宮癌となる。

漢方の治療は子宮癌という病名に拘泥せず、出血・帯下や その他の全身症状を総合して、1~4 のどの証に当たるかを判断して決めます。
従って子宮癌に特有の処方がある訳ではありません。
これは何の病名にも云えることです。
漢方は病名治療ではなく証候に基ずく治療を行うので、現代医学とはまた違った効果を実現できるのです。

|

« 漢方と乳癌 | Main | 頭頂痛 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 漢方と子宮癌:

« 漢方と乳癌 | Main | 頭頂痛 »