« 口苦 | Main | しつこい咳嗽の経験 »

複法大方

最新の『中医臨床』v31-1 に《悪性腫瘍とその転移を「痰」の角度から論治する》という論文が載っていて、そこに「複法大方」という言葉が出てきます。もっと詳しく知りたく net から次の様に学びました。

複法大方
 論文精選 論複法大方在治療悪性腫瘤中的運用
 発表者:張成銘

 周仲瑛教授の指導では中晩期の悪性腫瘤の治療に複法大方を用いると良いそうだ。

1  複法大方の歴史
複法大方とは疾病が複雑な病機の時に,数種の治法を組み合わせて運用するもので,処方の薬味数は非常に多くなる。
例えば治法は一般に3 ~ 4種以上で,処方の薬味数は15味以上から,多いときは20~30味に達する。
複法大方は七方の一つで,その学術思想は《内経》から始まっている。
《素問·至真要大論》に “……奇之不去則偶之,是謂重方”とあるのは、奇方(小方のこと)で治せなければ,偶方(複数の方)を用いる。これを重方(大方のこと)という、とある。
また複法大方を実践し始めたのは仲景であり、瘧母という癌に近いものを治す鼈甲煎丸《金匱要略》では薬味を23種 使っている。

(灸鼈甲、炒烏扇、黄岑、柴胡、鼠婦、干姜、大黄、芍薬、桂枝、亭歴子、石葦、厚朴、牡丹皮、瞿麦、 紫威、半夏、人参、炒蟅虫、阿膠珠、灸蜂房、赤硝、炒[虫羌]螂、桃仁)

全方は寒熱を并用し,攻補を兼施し,行気化淤,除痰消癥を可能にしている。
其の后たとえば防風通聖散(《宣明論方》),調営飲(《証治凖縄》),大活絡丹(《蘭台軌範》)等へと発展した。
古代においては複法大方は急、慢性の危重病人の救急治療に常用されたもので,丸薬や散剤として供された。
というのも古代の医家が出会う病種は多く,薬物はそれら全てに対応しておらなければならなかったからです。
だからよっぽど辯証論治の方法に熟練しておらなければ,良い療効を得ることは出来ません。
そのため歴史上多くの著名医家たちは大方の濫用に反対しました。
そして反対の方法として用薬は軽霊にして,小方で治病する事を提倡し,複法大方は次第に冷落していったのです。

(この警告からいって当今、防風通聖散を軽々に濫用しているのは要注意ですね。)

しかし近年,難病の治療研究の中で,常法ではどうにもならない情況に出会い,複法大方が重視され始めました。
たとえば当代の名老中医である嶽美中、裘沛然、喬保鈞らは類似の経験から,病情が非常に複雑な疾病に対して,多くの薬物組成をもった大方による治療で,良い効果を得ています。

2  複法大方を癌腫に運用する論拠
    悪性腫瘤は多種の病因(外感六淫,内傷七情、労逸失調、禀賦有異)が長期にわたって个体に作用し,気滞血淤,湿聚痰凝,正気損傷,癌毒内生によって成ったものです。
各个の臓腑器官により腫瘤の症状は各異り,邪毒互結,錯綜交織,虚実夾雑など,多種の病理因素が同時に存在します。
多年の臨床実践の中で,我々は悪性腫瘤に対して常法の処方では,こちらを立てればあちらが立たずだし、病が重いのに薬が軽くて,病勢を逆転させる事が出来ない事を経験しています。
かくして悪性腫瘤に対しては,「螻蟻潰堤,如群狼食獅」の効でなければならないと,数法を集めて一方とし,攻補を一炉で熔かし,複法大方として治療するのが治癌の路であると考えたのです。

3  複法大方の内容
悪性腫瘤に対する基本方法は,解毒抗癌法、化痰散結法、疏理気機法、活血消淤法、化湿泄濁法、扶正培本法 等です。

甲状腺癌淋巴転移 験案の1例 (周仲瑛教授)

 高某某,男,34歳。2008年5月29日初診.
    患者は近月来 右頚部淋巴結が全般に腫大してきた。
病理活検では:“淋巴転移性腺癌”であった。
已に入院して化療を2个療程受けているが淋巴結は縮小せず,副反応が劇烈である。
患者は手術を惧れて,周老の処へ治を求めてきた。

診:右頚部淋巴結の腫大は,脹痛感あり,右腋下が脹り,舌根部も腫痛しており,咽は暗紅で充血し,咽部が窒塞し,声音が沙唖であり,また胸悶もある。
舌苔黄、質紅,脈細滑。

辨証は痰熱淤毒互結,肝失疏泄,陰傷気耗に属する。
治は清熱解毒,化痰去淤,疏肝散結,益気養陰とすべし。

処方:醋柴胡5g,炙鼈甲15g,炮山甲10g,地鼈虫5g,桃仁10g,山慈姑15g,制南星15g,猫 爪草25g,漏芦15g,白毛夏枯草15g,炙白僵蚕10g,沢漆 15g,牡蛎25g,海藻10g,玄参10g,炙蜈蚣3g, 守宮3g,南北沙参(各)10g,天麦冬(各)10g,天花粉 10g,生黄耆15g,竜葵20g,半枝蓮20g,蛇舌草20g,八 月札12g,炒白芥子10g,路路通10g,青皮10g,皀角刺 6g。
14剤。
用法:毎日1剤,水煎,分2次服.

    2008年6月12日二診:声音の沙唖は好転し,淋巴結の腫痛も減軽してきた,但し触痛はあり,腫塊多発のため,咽にはなお塞感があり,時に咯痰あり,舌根の腫痛はあるが,もう胸悶はしないし,二便は正常である。
舌苔黄薄膩、質暗紅,脈小弦滑。

原方から白芥子を去り,加大貝母10g、 山豆根6g、蚤休10g、知母10g。
継服14剤.

    后さらに以上の方を基礎として、腫節風 20g、法半夏10g、露蜂房10g、鳳凰衣6gを加減してゆく。

服薬すること半年余,症情は平穏となり,加重の趨勢はない。
患者は2008年12月8 日に診た時は,右頚部淋巴結は基本的に消失しており,手では単个の結節に触れるだけで,痛みはなく,声音の嘶唖も明顕に好転していた。
但だ響亮は欠き,受凉后には両肩臂が酸痛を感じ,咽中に痰がある。
患者には暖かくするように注意をし,継続して服薬して療効を鞏固にするようにした。

|

« 口苦 | Main | しつこい咳嗽の経験 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 複法大方:

« 口苦 | Main | しつこい咳嗽の経験 »