« 夏負けの漢方薬 | Main | メニエール病と漢方 »

沢瀉湯

劉渡舟談 沢瀉湯証

沢瀉湯は《金匱--痰飲咳嗽篇》にあり、この方は心下に支飲ありて,頭目冒眩に苦しむのを治療する。
“支飲”とは四飲中の一種で,名前から推察するに,水のひとつで,木に枝があるように,心下に横たわるようにして,結ぼれて散じないもの故に支飲という。
支飲の治法は多いが,なかでも沢瀉湯の証は,支飲の邪が頭目を上犯するので,冒眩の症状を現すのが特徴である。この外に,支飲そのものに独立的証侯としてあるのは,《金匱》記載の:“咳逆倚息,気短不得臥,其形如”,が是である。
沢瀉湯の証を確認するに際しては両方面の証侯:一つは“飲”本身の証侯,二つは“冒眩に苦しむ”という証侯,を確認しなければならない。
沢瀉湯証の“苦冒眩”とは,言語に絶する程 苦しいものである。
普通の頭目眩暈症状とは異なって,この種の冒眩の脈象は弦か沈,或いは沈弦双方が現れる。
これは弦脈が飲を主り,沈脈が水を主るからである。
色診:或いは黎黒,或いは青黯,或いは色黄にして晦暗,人により異る。
舌診:一般に水飲病の舌色は必ず淡である,それは寒だからである;
苔は多くは水滑である,それは津液が凝聚しているからである;
もし水湿が合邪なら白膩苔で,厚くなければならない。
また沢瀉湯証の舌体は,特別に肥大である。
質は厚く寛く,口腔一杯を占めるから一目瞭然である。

1976年 湖北省潜江県に居た時,ある朱姓の患者,男,50歳を治した事がある。
患病は已に二年間,病気のため退職して百般の治療を受けていたが無効だった。
病いというのは,頭目冒眩して,終日昏昏沈沈と,雲霧の中に居るようだ。
且つ両目は開けられず,両手は顫え,筆で字が書けない。
脈を切すると弦軟,舌は異常なほど肥大し,苔は白滑,根部は膩である。

辨証:此の証は沢瀉湯の冒眩証である。
心下に支飲があるため,心陽が遮られて,頭まで上ることが出来ないので,頭冒目眩する;
正虚にして飲あり,陽が筋脈に行きわたらず,両手は発顫する,陽気が遮られて,飲邪が上冒するので,精神は振わず,眼が開けられない。
舌大脈弦は支飲の象に他ならない。

治法:滲利飲邪,兼崇脾気。

方薬:沢瀉24克、白朮12克。

後で患者が服薬した時の状況を聞いた話では、彼は第一煎を服してみて,何の反応も現れないので,家属にいった:此の方薬は僅か二味しかない,こんなものでは効くはずが無いじゃないか。
ところが第二煎を服した后,まだ飲み終えない内に,全身と前胸および后背から漐漐と汗が出始めた。
汗を拭くと粘ばねばした感じがしたが身体は爽やかで,頭目は清亮となり,目眩はとみに減った。
さらに両剤を服すと,続いて又少しく汗が出た,これでもうこの病は治ったようなものである。

|

« 夏負けの漢方薬 | Main | メニエール病と漢方 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 沢瀉湯:

« 夏負けの漢方薬 | Main | メニエール病と漢方 »