« 清暑益気湯 | Main | 沢瀉湯 »

夏負けの漢方薬

“夏負け”のことを中医学では[病<主-丙]夏又は苦夏という。
夏負けの症状は「心臓がたいそう(胸悶)」「食欲が無い」「体がだるい」「下痢気味」「微熱があり嗜睡」「自汗が出る」等で、次第に消痩するが検査してもあまり病変は見つからない。
秋季が来て天気が凉爽ともなれば,これらの症状は自然に消失する。

その原因は,人体の気候変化、特に夏季の炎熱・潮湿に対する適応能力が低いことです。
そのために大脳と神経系統が抑制され,心肺機能が低下し,胃腸の消化液分泌が減少し,食物が消化吸収されにくくなり,営養が缺乏する。

治療法としては「芳香醒脾,辟穢化湿」になります。
「芳香醒脾」とは霍香、薄荷、佩蘭、竹葉などの気味が芳香な中薬材により、脾胃から湿熱を取り去る事です。

夏負けになりやすい人は,秋冬の季節に補肺健脾益気の処方を飲んでいると良い。
すでに夏負けになっているなら,霍香正気散が良い。
此の外にも,[霍香、佩蘭3,滑石、焦大麦10,甘草1],を水煎してお茶代わりに飲むと良い。

夏の熱気は心気を傷つけ易く、心率が速くなる。
そういう時には,緑豆湯を飲んで,心臓病の誘発を防がねばならない。(※王氏の清暑益気湯ならなお良い)

もしそんな時間が無ければ,西洋参3、麦冬5を水に入れて飲むだけでも良い。

また別の方法としては,[甘草3,五味子3,知母6,元参6,党参9,麦冬9],を水煎温服すると良い。

|

« 清暑益気湯 | Main | 沢瀉湯 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夏負けの漢方薬:

« 清暑益気湯 | Main | 沢瀉湯 »