« July 2010 | Main | September 2010 »

手足自汗を論ず

手足の多汗症について

古典には次のようになっている。

(1) 手少陽の脈,三焦経は,小指と次指の端から起り,上って両指の間へ出て,手表を循って腕へ,臂外両骨の間へ出,上貫して肘へ云云。
手の背に遍って汗が多い者は,三焦の気脱である。

(2) 経に云く∶手足よりシュウ然として汗が出て,大便が硬く譫語があれば,これを下せば癒える。
何故ならこれは熱が胃に聚っており,津液が旁達して,手足の汗出となるからである。
(これは陽明病、大承気湯の証である)

(3) 成無己が云く∶寒が胃に聚って,手足汗出となるものが居るのは何故か?
経に云く∶陽明中寒者は食べられず,小便は不利し,手足からシュウ然と汗が出る場合がある,これは痼[病<暇-日-丙]にならんとしており,即ち中寒である。

(4) 海蔵に云く∶内感陰証に,手足逆冷して自汗する者と,手足自温して自汗する者がある,これは厥陰、太陰の違いである。

このように手足自汗でも「三焦の気脱」「手足逆冷(四逆)」「手足自温(温和)」の区別がある。

---

Continue reading "手足自汗を論ず"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

肝臓癌と漢方

中医学の辨証論治

1. 虚実を辨ずる。

患者は本虚標実である。
本虚とは乏力倦怠,形体逐漸に消痩し,面色は萎黄となり,気短(息切れ)懶言(声に力がない)等を表わす。
右脇部に堅硬な腫塊があり按ずることを拒む,悪化すると黄疸を伴い、胃腹は脹満して悶え、腹脹(腹水)等を表わすのが標実の証である。

2. 危候を辨ずる。

晩期には昏迷、吐血、便血、胸腹水等の危候を見逃してはならない。

治療原則
肝癌患者は気血虧虚をとなし,気血湿熱淤毒の互結をとなし、虚実錯雑的病機を特徴とする。
だから扶正去邪,標本兼治で,肝の疏泄功能を恢復させれば,気血の運行は流暢となり,湿熱淤毒の邪は出路を見出し,減軽和緩となり病情を解することが出来る。
治標の法には疏肝理気、活血化淤、清熱利湿、瀉火解毒、消積散結等の法を常用し,なかでも最も疏肝理気を重視すべきである。
治本の法には健脾益気、養血柔肝、滋補陰液等の法を常用する。

病程により、患者の全身状況から“正”と“邪”を慮り,“攻”と“補”を結合し,実を治しつつ虚を忘れず,虚を補いつつも実を忘れてはならない。
また攻伐の薬は多過ぎてはならない。
多過ぎると たとえ一時の快を得るとも,必ず耗気傷正して,最終的には正虚邪盛となり,病情が加重する。
辨証論治の基礎の上で抗肝癌作用のある中草薬を選び,治療を的確にしなければならない。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

Continue reading "肝臓癌と漢方"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ステロイド皮膚症

アトピー性皮膚炎にステロイド外用剤を長期間 使用していて、急に使用を止めた時に現われるリバウンドをいいます。
紅斑、丘疹、膿疱、局部掻癢、毛細血管拡張を伴った灼熱,皮膚色素沈着,皮膚萎縮等が主な特徴です。

アトピー性皮膚炎が注目を浴び始めた頃、ある方の全身に及ぶひどいステロイド皮膚症の相談を受けました。
中医学ではアトピー性皮膚炎とステロイド皮膚症とは区別をしません。
アトピーの展開のひとつとして同一線上のものとして考えます。
当時の私にはまだ確りした辨証能力もなかった事と、焦っている病人さんからは信用されずに結局は数日のお付き合いしかしませんでした。
自分の内心では申し訳なくて、いつか確りした辨証法を身に付けたいと思っていました。
この度の「アトピー性皮膚炎・伏邪説」に合わせて纏めてみました。

Continue reading "ステロイド皮膚症"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アトピー性皮膚炎・伏邪説

アトピー性皮膚炎」に於いて茵陳蒿の存在に着目しました。
そして 汪受傳氏の二診:健脾利湿法の処方を採用して幾人かに試して一過性に良効を得ましたが、何故か再び悪化する例が続きました。
アトピーの湿熱を去るには、茵陳蒿のように軽くて発散性のある薬味が必要ではないかとかねて考えていましたが、この体験で壁にぶつかりました。
茵陳蒿に代わるものは無いかと探している内に青蒿に思い至りました。
青蒿は茵陳蒿とよく似て、軽くて発散性があり、利胆作用もあり、しかも芳香性で透邪の力があります。
青蒿とアトピーで検索をかけて青蒿鼈甲湯という結果に到達しました。

青蒿鼈甲湯は瘧疾(マラリヤ)や骨蒸潮熱(結核)や黄疸などの“伏邪”に対するものです。
そこではたと閃いたのは「アトピーの原因は“伏邪”ではないか」という思いつきでした。

---

Continue reading "アトピー性皮膚炎・伏邪説"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アレルギー性鼻炎(花粉症)と漢方

ブログの全目次」を見ると これまでに花粉症について六回も書いています。
それは皆「花粉症は水洟が出るからといっても寒症ではない」という事を云いたかったからです。
世にはびこる「花粉症には小青龍湯を」という通説をひっくり返したかったからです。
この度は中国のネットから更に新しい知見を得ましたので紹介します。

過敏性鼻炎の清熱治療
発表時間:2010-01-09発表者:李凡成

《中西医結合耳鼻喉科学》(田道法主編,中国中医薬出版社,2001)には:
“鼻[鼻九]の発生は,内因の素体の虚寒,すなわち肺虚不固及び脾腎陽虚と,外因の風寒の異気(アレルゲン)入侵による。病機を表現すれば肺気虚弱、衛表不固,肺脾気虚、水湿汎鼻,腎気虧虚,肺失温煦等が特徴である。”
此の類の患者は往々にして突発性鼻癢、噴嚏陣作,清涕如注,鼻粘膜蒼白或いは紫暗をを表現し,形寒肢凉,手足不温,小便清長,夜尿多,容易感冒,舌淡,脈虚弱等を伴い,臨床上多くは温陽、益気、補脾から着手し,玉屏風散、桂枝湯、附桂八味湯等を用いて治療する。
中医高校第三版教材《五官科学》、第四、五、六版教材《中医耳鼻喉科学》,及び中西医結合耳鼻喉科学教材でも,皆このようになっている。

しかし過敏性鼻炎でも,同じ突発性鼻癢、噴嚏陣作,清涕注ぐが如きでも,却って口苦咽干があり,小便黄を伴い,舌質偏紅,舌苔或いは微黄となり,脈に数象を兼ねるものがある。
これらには温陽益気の剤を用いても往々無効である。

---

Continue reading "アレルギー性鼻炎(花粉症)と漢方"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メニエール病と漢方

中医学では,眩暈とは「風、痰、虚」 の三つが引き起す,故に"無風なれば眩を作さず"、"無痰なれば眩を作さず"、"無虚なれば眩を作さず"といいます.
《丹渓心法·頭眩》

中医学では美尼尓氏綜合征といい、これを風痰証ととらえています。

1. 風痰証のこと
外風痰濁を挾む疾患か,或いは肝風痰濁が内擾し,泡沫痰涎を咯吐し,胸悶,眩暈,頭目脹痛,或いは喉中痰鳴,口眼喎斜,苔白膩,脈弦滑等を現す証候。

風痰
論に曰く風痰の病とは、気脈閉塞、水飲積聚をいう。
其の状に冷熱の異有れど、心胸痞隔し、飲食不化する也。
風壅気滞、三焦不和なれば、水飲は停積し易し。
風は能く熱を生じ、壅も亦痰を成す。
故に頭目不利、神思昏濁の候あり。
或いは嘔逆して飲食不納の者あり。

---

Continue reading "メニエール病と漢方"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »