« 肝臓癌と漢方 | Main | 桂枝新加湯証 »

手足自汗を論ず

手足の多汗症について

古典には次のようになっている。

(1) 手少陽の脈,三焦経は,小指と次指の端から起り,上って両指の間へ出て,手表を循って腕へ,臂外両骨の間へ出,上貫して肘へ云云。
手の背に遍って汗が多い者は,三焦の気脱である。

(2) 経に云く∶手足よりシュウ然として汗が出て,大便が硬く譫語があれば,これを下せば癒える。
何故ならこれは熱が胃に聚っており,津液が旁達して,手足の汗出となるからである。
(これは陽明病、大承気湯の証である)

(3) 成無己が云く∶寒が胃に聚って,手足汗出となるものが居るのは何故か?
経に云く∶陽明中寒者は食べられず,小便は不利し,手足からシュウ然と汗が出る場合がある,これは痼[病<暇-日-丙]にならんとしており,即ち中寒である。

(4) 海蔵に云く∶内感陰証に,手足逆冷して自汗する者と,手足自温して自汗する者がある,これは厥陰、太陰の違いである。

このように手足自汗でも「三焦の気脱」「手足逆冷(四逆)」「手足自温(温和)」の区別がある。

---

黄文政教授
天津市中医学院第1附属医院著名中医内科専家,
理中湯加減治療手足汗

   患者,男,45歳,2002年9月16日初診。
患者の主訴は2ケ月以上も手足が冷いのに汗が出る事,時には手を洗ったようになる,舌紅く,脈は細弦,既往症として半年間 腰の冷痛がある。
脾虚失運,表虚湿盛と辨ずる。
治には温陽化湿,補胃固表とする。

方は理中湯加減:
 党参5 白芍4 白朮・干姜・炙甘草・五味子3 烏梅2 生竜骨・牡蛎10

3剤后,9月19日に患者を二診すると,汗の出は減軽し,緊張するとまだ手足の汗の出がひどくなる。
そこで方に郁李仁2 を加えて,継服すること7剤の后には,患者の手足の汗は消えていた。

   按:本案はもともと脾胃虚弱で,運化が失職している者が,長年の間に寒湿内盛となり,その湿が蒸して汗となって出たものである。
清,張[王路]《張氏医短》:“経に云わく陽気が有余なら,身熱しても無汗である。陰気が有余だと,多汗と身寒が現れる。”
又云く:“脾胃の湿が蒸せば,四肢に旁達して,手足に汗が多くなる。熱者には二陳湯加川連、白芍を用いる;冷者には理中湯加烏梅を用いる;弱者には十全補去弓加五味子を用いる。”
故に本証の治療は調和脾胃が鍵である。
湿と汗は均しく陰寒に属する,李東垣は亦論じて曰く“始めは熱中のため,蒸蒸と汗が出ても,表が虚して亡陽すれば,終いには寒中となる”。
汗出る事が長引くと寒湿内盛が主となる,故に寒盛畏凉者には理中湯加烏梅を用いる。
激しく動くと汗が出る者は,胆経より論治して郁李仁を加える。

|

« 肝臓癌と漢方 | Main | 桂枝新加湯証 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 手足自汗を論ず:

« 肝臓癌と漢方 | Main | 桂枝新加湯証 »