« 桂枝新加湯証3 | Main | 桂枝新加湯証5 »

桂枝新加湯証4

《臨証実験録》 腰背痛

張某,男,28歳,農民。
腰背が疼痛すること半年余り,時に軽く時に重い,軽い時には軽微な活動なら出来るが,重い時には俯仰転側すら制限され,咳嗽して吸気の時に痛む。
郷村の医院では腰は腎府で、労して虚したのだと,補腎壮腰を行った;
或いは変化が速いと、痛処が走竄するのは風だとし,独活寄生湯を与えたが,皆無効だった。
近ごろまた痛みが甚しくなり,遂に受診しにきた。
其の痛苦する形躯を望めば、活動は不自由で,舌質は淡紅,苔は白微膩。
訊ねると時々発熱し,自汗が出,腰背が悪風し,左腿は酸困で発冷するが,飲食、二便は正常である。
腰背の筋肉に触れると攣急しているが,腫れや発紅はしていない。
脈象は弦緩無力と診て取れる。

脈症を綜観すれば,太陽病の中風で,営衛不和,正気虚弱の証である。
咳嗽して引痛するのは,乃ち経脈筋肉が失養して攣急する症である。
《傷寒論》に云く:“太陽病で,発熱して汗が出,悪風して脈が緩なる者は,中風と名づける。”
又云く:“発汗后,身疼痛し,脈が沈遅の者は,桂枝加芍薬生姜各一両人参三両新加湯が主る。”
いわゆる“発汗后”とは,発汗過多を指し,気陰が損傷している。
“身疼痛して,脈が沈遅”とは,乃ち経脈の失充、筋肉の失養である。
本案の病は前もって発汗を経ておらず,脈も亦沈遅ではないが,然し無力で緩というのと近似しており,同じく正気不足に属する。
故に桂枝新加湯で治す:

 桂枝10  白芍・党参15 炙甘草6g 生姜10片 紅棗6枚 二剤

二診: 腰痛は止み,悪寒と,汗出も亦減ったが,腿は仍おだるく(酸困),脈と舌は前と同じい。
原方を再び二剤服する。

按: 桂枝新加湯と、独活寄生湯は皆 補気血、去風寒の方だし,且つ独活寄生湯の陣容は強大であるのに,何故一方は効き一方は効かないのか? と問うなら、
曰く:独活寄生湯は補気血、益肝腎で、風寒湿痺を治す方である。
臨床では,無熱、汗出、悪風、脈緩の表虚証である。
桂枝新加湯証は中風表虚に属し,病機は営衛不和,気陰損傷である。
営衛を調和し,気陰を補益するには,独活寄生湯ではまずい。
桂枝新加湯証は,中風表虚証に属するが,然し虚象は著しくなく,発熱、悪風、汗出も亦軽微にしか現れない。
病者の多くは主症を陳述しないから,只 詳細に詢問するか,或いは腹診時に腹壁が湿潤して手に粘るので知る事が出来る。
脈象に至っては,遅、緩、細、弱のどれも皆見て取れる。

|

« 桂枝新加湯証3 | Main | 桂枝新加湯証5 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 桂枝新加湯証4:

« 桂枝新加湯証3 | Main | 桂枝新加湯証5 »