« 桂枝新加湯証5 | Main | 唾液・涕・涙から何が分かるか?(1) »

アフター性口内炎の中医療法

この暑さにやられたのか、この歳(71)になって初めてアフター性口内炎になった。
さて、どうすべきなのかと思案して色々考えてみたが弁証は出来ても ピーンと胸に落ちる処方が出てこない。
そこでnetを探していて、ようやく一つの処方を見出した。
それは次のどれでしょう?

---

1.1 復発性口瘡(アフター性口内炎)は反復発作し,遷延難愈が特徴です。
其の発病機序はまだ明らかではなく,西医でも特効薬はありません。
中医では本病を整体辨証により論治します。
局部の病変でも全身と密接な関連があると考えるからです。
筆者はこれにより復発性口瘡48例を治療したので報告します。

---

1.2 辨証分型

  1.2.1 心脾蘊熱(18例)
  臨床上最も多く,病程も初歩階段で,病損の多くは唇頬、舌尖、舌縁等に見られ,数個で,表面は黄白色を呈し,周囲の黏膜は紅赤で,疼痛が烈しく,刺激を受けると重くなり,口渇し,便秘し,舌質は紅く,苔は薄く,脈は数で有力である。
此の型の患者の体質は比較的好く,年齢の多くは22~55歳の間にあり,多くは肥甘油膩を恣食して,蘊積生熱となるか,或いは煎炒炙[火考]のものを喜食し,邪熱が心、脾に内積し,循経上炎して口腔に発して口瘡となる。

  治は清心瀉火,健脾[示去]湿,清熱解毒に宜し。
薬用:黄岑、黄連、大黄、山梔子、淡竹葉、赤茯苓、金銀花、連翹、甘草。

脾火偏重の者は凉膈散加味を多用する。


  1.2.2 清陽不升(12例)
  潰瘍の多くは融合して成片となり,基底は灰白で上面には白色浅黄色の滲出物を覆盖しており,周囲の黏膜は淡白で,口水(唾液)が増加し,口には淡味か甜味があり,四肢は沈重で,舌質は嫩で胖,苔は膩,脈の多くは沈細である。

  治は益気升清に宜し。
補中益気湯+霍香・佩蘭・砂仁・神曲・鶏内金 等の芳香化濁の品。


  1.2.3 陰虚火旺(10例)

  病程は比較的長く,症状は時に軽く時に重くなり,潰瘍も連続して断えず,潰瘍面の周囲は微紅腫し,基底の肉芽は紅赤で,焼灼感があり,口干して多飲し,心煩少寝を伴い,五心は煩熱し,腰膝が酸軟となり,舌は干き津液が減り,舌質は紅く,苔は少く,脈は細数である。
此の型の患者は陰虚体質に属し,体質はもろく,年齢は55歳以上か或いは16歳以下か,或いは病后に操労過度だったかで,口瘡は常に遷延して愈らず,反復発作しており,臨床療効も緩慢である。

  治は滋陰降火,生津増液,[示去]腐生新に宜し。
薬用:(熟地黄6 山茱萸・山薬・麦門冬4 茯苓・沢瀉・知母・牡丹皮・当帰・赤芍薬・天花粉3 黄柏・五味子・炙甘草2)39


  1.2.4 気虚血淤(8例)

  病損は少く分散しており,患処の色は淡紅で,周囲は紅腫せず,疼痛は烈しくない,四肢は乏力で,面色は萎黄して,汗が出易く,舌は淡,苔は黯か或いは舌黯で淤点があり,脈は沈細である。
此の型の患者の多くには慢性疾病がある。

  治は補気養血,活血生肌に宜し。
薬用:(党参・丹参・黄耆・茯苓・白朮・当帰・川弓・生地黄・熟地黄・葛根・牡丹皮・陳皮・桃仁・升麻・紅花)

|

« 桂枝新加湯証5 | Main | 唾液・涕・涙から何が分かるか?(1) »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アフター性口内炎の中医療法:

« 桂枝新加湯証5 | Main | 唾液・涕・涙から何が分かるか?(1) »