« 糖尿病と消化管合併症2 | Main | 脱髪(脱毛・抜け毛) »

汗疱(かんぽう)

「汗疱状湿疹とは、手掌・足底に痒みを伴う小水疱が出現する湿疹性の皮膚疾患。異汗性湿疹とも言われる。また、汗疱(かんぽう)と略すことがある。」(ウィキペディア)

「手に出来ることが多いのですが足に出来た場合は“水虫”とよく間違えられます。 」
中医学では「螞蟻窩」と称し、「多くは手足に生じ,形は蟻窩(蟻の巣)に似て,あたかも針眼の如く,奇痒なるを掻けば,破れて滋水を流す。」と説明があります。

Photo

次は
2003/08/24 に nifty FKAMPO 漢方会議室(湯液・エキス剤)で発表したものです。

 汗疱の自家治験

手指に出来る“汗疱”はまた汗疱状湿疹(異汗性湿疹)へと進行します。
私は毎年のように夏になるとこれになります。
時には冬場でもなる事があります。
冬は季節がらたいした事は無く自然治癒する事が多いのですが、夏は放って置いても決して自然治癒はしません。

さて、今年の夏にも案の定かかってしまいました。
最初ぷつりと左手中指の背側に出来た水疱が直ぐに人差し指にも移り、それが手の甲へと綴って行くや掻痒がひどくて掻いているうちに湿疹化してしまいました。
その内に何とか収まるだろうと多寡をくくっていましたが、だんだんと腕の方へと進んでいきます。
まずいな、この辺で食い止めないといつぞやの様に何ヶ月も痕が残る湿疹になるぞ、と対策を考えました。

中医症状鑑別診断学』の手指の湿疹(指縫湿爛)のところに湿毒浸淫の症として

除湿解毒湯 (土茯苓・意苡仁・卑解・車前子・大豆黄巻・沢瀉・板蘭根・赤芍)
というのが出ています。
湿疹の状態から見てこれでバッチリだろうと思っていましたが、どうしてどうしてナカナカのものでちっとも良くなりません。
2日で中止してしまい、次は急性湿疹の湿熱浸淫の症として

卑解滲湿湯加味
(黄柏3 卑解・意苡仁・茯苓・牡丹皮・沢瀉・滑石・蒼朮・苦参・甘草2 通草1)

に変えました。
するとこれが的中したようで痒みは減るし、水疱も乾いていくようです。
意を強くしてこれを一週間服用しました。
古い病巣はどんどん消滅していきますが、しつこいもので別な所に新しい水疱が又もや出現します。
遂には左腕から右腕へと飛び火までしてしまいました。
2週間も服用したら流石に新しいのは出来なくなりました。
どうやら完全消滅といえそうです。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

先日のこと、ネットである方から汗疱について相談を受けました。

「手の指の痒みが悪化して指が腫れて痛いし痒いし辛いです。
夜寝ていても掻いてしまい朝起きたら掻いたところから汁が出ていました。
腫れすぎて指を折り曲げるのに違和感があります。
今まで経験したことのない痒さで参っています。
手のひらと指先が熱くて寝ていても起きてしまいます。
体も全体的に熱っぽく熱いです。
手の指だけでなく腕まで痒くなってきました。
掻いたところは汁が出ているのですが手の甲がなんだかガサガサしてきました。」

内服薬という方法もあるけれども、その方には手っ取り早い外用法を紹介しました。

ネットにある中国の汗疱外洗剤は「滲湿清热止痒洗方」という処方です。

(蒼朮・黄柏・明礬3 苦参10 地膚子・白蘚皮5)29g

水煎約150~200ml,冷たい煎液に1回20分間、一日2回、手を浸してください。
1包を2日とします。

これを5包あげました。
数日後のメールです。
「おかげで痒みがなくなりました。本当に有難うございました。
外洗剤に手をつけたら汁がとまり、汁が出て腫れあがっていたところがカサカサになり皮膚が剥けて少しずつ綺麗になってきました。」

世間にはこの方のように困っておられる方が多いのではないか、と思いましてここに紹介しました。

|

« 糖尿病と消化管合併症2 | Main | 脱髪(脱毛・抜け毛) »

治験」カテゴリの記事

Comments

初めまして。

6歳の息子の汗疱について 調べている時に 貴ブログを見つけ とても関心を持ち メールさせて頂きました。


息子が3歳の夏 足の裏が痒いと言い出しました。
裸足でサンダルを履かせる為 かぶれたのかと思っていましたが 年々酷くなり 昨年は 4月から 今年はまだ3月だと言うのに もう痒がり始めました…


汗疱が出始めると 夜中も痒みで目が覚める為 寝不足気味になり しょっ中発熱し 幼稚園を休まなくてはなりませんでしたが 今年から小学生になるので そうそう休んでもいられないし…と 心配しています。


アトピーもありますが アトピーで眠れない程痒がる事はないのに 汗疱が出ると眠れなくなるのだから 余程の痒みなのだろうと思うと まだまだ小さい子供なのに…と 可哀想でなりません。


貴ブログに書かれてある漢方薬は 子供でも飲めるのでしょうか?
味については しっかり言い聞かせれば 頑張って飲むと思うのですが 子供にも処方してもらえるのかどうかが 分からず 長文にて失礼かと思いつつ メールさせて頂いた次第です。


もし お時間が在られる様でしたら 返信して頂けると とても有難く思います。

Posted by: トクリ ミワ | 2013.03.24 at 10:54 PM

内服の卑解滲湿湯加味と外用の滲湿清熱止痒洗方のふたつがあります。
6歳ですと内服が難しいかも。
先ず外用だけを試してはどうですか?

Posted by: youjyodo | 2013.03.25 at 12:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/49587991

Listed below are links to weblogs that reference 汗疱(かんぽう):

« 糖尿病と消化管合併症2 | Main | 脱髪(脱毛・抜け毛) »