« 唾液・涕・涙から何が分かるか?(3) | Main | 糖尿病と消化管合併症2 »

唾液が多い

口中唾液多可用中医治

多唾とは即ち口中に唾液が多く,黏稠か或いは清稀で,時々唾かざるを得ず,頗る煩わしいものである。
中医では多唾は神すなわち元気を傷つけるものと認識しており,一種の不健康の表われである。
多唾は多く身体虚弱な人に見られ,其の他の全身症状を伴う事がある。

 1. 脾胃気虚型
 多唾の症に,并せて精神不振を伴い,頭昏し,少気(息切れ)乏力で,口は渇かず,
舌淡で苔白,或いは薄膩の白苔あり,脈は緩か或いは弱である。
治法は補益脾気に,摂唾を兼ねる。

(1)六君子加益智湯:(党参・陳皮4 白朮・茯苓・半夏・益智仁6 炙甘草2)34

(2)六君子丸(中成薬)


 2. 脾腎陽虚型
多唾の症は,量が多くて清稀である,
并せて頭部覚冷を伴い,頭昏し,四肢は欠温し,食が少く便は溏か,或いは腹痛し,小便清利し,夜尿が頻る多い,
舌淡で苔滑,脈は沈弱である。
治法は温補脾腎に,摂唾を兼ねる。

(1)固脂益智散:(補骨脂・益智仁6 白朮5 干姜4 肉桂2.5 炙甘草2)25.5

(2)理中丸(中成薬)

---

多唾医案

[形β-彡]斌

李某某,女,45歳。
2006年11月30日初診。

主訴:一年前から夜間に唾液多く涌きでる。

病史:毎晩1時以后になると唾液が泉のように涌きでる,
清(さらりとして)で無味である,
咽下すればゲップが頻発する,
睡りについても依然として続き,2~3時頃にゲップは尤も多くなる。
もともと便秘で、耳鳴、乏力、寐つきが悪く梦が多い,
毎晩9時に入睡して,11~12時には醒め,醒めれば入眠せぬまま,4~5時にやっと入睡できる。
曽って尿路感染や、自汗の病史があり,冬日には寒がりで,手足は冷え,夏に入れば暑がりである。
舌は淡紅で苔は薄白く,脈は沈細である。

処方:(党参10 生白朮17 干姜・益智仁・甘草3)36

2007年3月1日 来診時の話では:上方を5剤服したら,夜間に唾液が泉のように涌き出ていたのが治った。
余症は未だ愈えていないので,ずーっと此の方を続けることにした。

|

« 唾液・涕・涙から何が分かるか?(3) | Main | 糖尿病と消化管合併症2 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 唾液が多い:

« 唾液・涕・涙から何が分かるか?(3) | Main | 糖尿病と消化管合併症2 »