« 白色癜風と黒色癜風 | Main | 中途覚醒 »

舌の痛み(舌痛症)

●中医では“舌痛”の原因を次の様に考えています。

1.老化による肝腎虧虚で気血運行渋滞・脈絡受阻
2.情志不暢による肝鬱化火・肝火上擾
3.体弱多病による気血虚弱 で舌の筋脈を濡養出来ず舌痛を発生する。

●発病の機序は

1.心火亢盛
情志不舒により肝鬱化火となるか、
或いは辛辣醇酒を過食して,食積が熱化して,
心火が上炎し,舌体を灼傷し,血熱淤阻となり,通ぜざれば則ち痛む。

2.脾虚失運
飲食に傷つき,脾気が失運するか,
或いは水湿が内蘊し,経絡が阻滞し,気虚血淤となり,通ぜざれば則ち痛む。
或いは水穀を消化できず,精血が不足して,舌体失養のため痛む。

3.肝胆湿熱
脾虚湿停から,湿鬱化熱となり,湿熱が肝胆を熏蒸するや,肝胆の経脈は舌の両側を巡るゆえ,経脈が淤阻すれば,通ぜざれば則ち痛む。

4.陰虚火旺
老化による腎虧か,
或いは思慮過度のため,心腎を暗耗すると,陰虚火旺となり,虚火は上炎して,舌を灼き痛む。

●治療法は

1.気虚血淤型
 舌が痛み,また痺れる,胸がたいそうで、心悸や息切れをする、食欲不振で腹脹があり,舌体は胖大となり,辺に歯痕があり,舌質は淡でやや紫か,或いは淤点や淤斑があり,舌苔は薄白く,舌下静脈は曲張して淤紫,脈は細か或いは細渋である。

補気活血、通絡止痛の治療原則から,方は血府逐淤湯加減を用いる。

黄耆、赤芍薬、桃仁、紅花、当帰、川弓、牛膝、桔梗、枳殻、柴胡、地竜、水蛭、甘草、延胡索

2.心火亢盛型
 舌痛は劇烈で,舌尖痛が主であり,口干灼熱し,情志不舒となり,猜疑心多く,怒り易く,失眠して多夢,大便は干結し,舌苔は黄燥で,舌質は紅く,脈は数で力がある。

方は導赤散合黄連解毒湯を用いる。

生地、竹葉、甘草梢、麦門冬、黄連、炒黄岑、炒知母、黄柏、炙遠志、酸棗仁、赤芍薬、牡丹皮、炙乳香、没薬

此の型は更年期の婦女に最も多い。

3.肝胆湿熱型
 舌痛は舌の両側縁が甚しく,胸脇は脹満し,口が苦く咽は干き,食欲が少く悪心あり,舌苔は黄膩で,舌質は紅く,脈は弦数である。

方は竜胆瀉肝湯加減を用いる。

竜胆草、黄岑、柴胡、山梔子、沢瀉、車前子、炙乳香、没薬、当帰、生甘草、茵陳、茯苓、白朮

此の型も更年期の婦女に多い。

4.肝腎陰虧型
 舌痛は舌根部が多く,口内が灼熱して,燙傷の如き感じで,口唇は干燥し,潮熱し盗汗があり,心悸と健忘,頭暈と耳鳴り,腰がだるく力なく,苔は薄く津液が少なく剥苔があり,舌質は紅いか裂紋があり,脈は細無力である。

知柏地黄湯加炙亀板、阿膠、肉桂、甘草

肝腎陰虧は虚火上炎が,舌を灼く。
此の型は更年期の婦女 及び老人に多く見られる。

|

« 白色癜風と黒色癜風 | Main | 中途覚醒 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 舌の痛み(舌痛症):

« 白色癜風と黒色癜風 | Main | 中途覚醒 »