« 下肢血栓性静脈炎 | Main | 舌の痛み(舌痛症) »

白色癜風と黒色癜風

ウィキペディアでは次の様に説明されています。

癜風(でんぷう)は表皮に発症する真菌感染症。
淡褐色斑(黒色癜風)あるいは脱色素斑(白色癜風)、好発部位は背部、胸部、頸部、上腕、腋窩などで、春から夏にかけて発症および悪化しやすく、かゆみは伴わないことが多い。
皮膚の常在菌の一つで酵母に属するマラッセジア属(マラセチアとも)が原因で、これらの真菌は皮脂を好む。
黒色癜風を黒なまず、白色癜風を白なまずともいう(原因の異なる尋常性白斑も俗に白なまずという)。
治療にはミコナゾール、イトラコナゾールなどイミダゾール系の抗真菌薬が用いられる。

ちょっと待った!
原因の異なる尋常性白斑も俗に白なまずという)、これに注意してもらいたい。
黒と白のふたつの癜風と「尋常性白斑(白なまず)」とは全然違うものである。

中医学では黒色癜風を特に「花斑癬(汗斑)」と呼び、紅色毛癬菌(花斑癬菌)の感染によるものであり、白色癜風と間違えないように区別しています。

私の息子が経験した黒色癜風の治療顛末を以下にご紹介します。

(画像はネットからの引用です)

1

---
成人になった私の息子の、腕・胸・首などに数年前から地図のような褐色の斑点が現れています。
何かカビの一種によるものだろうとは見当がつくのですが、無症状なものなのでついつい放置してしまいました。
息子がいつまで経っても結婚しないので、或いはこれが妨げになっているのかもと、何とか治してやらなければと調べてみました。

最初に“フケ症”に効くという抗真菌(抗カビ)成分であるミコナゾール硝酸塩を含んだものを試してみました。
だがこれは無効でした。
次にイミダゾール系ではない、アリルアミンの「ラミシール」を試してみました。
これが良く効いて、2日塗ったら色が薄くなってきた。
喜んでせっせと塗って、10gのチューブを2本使い終わった時には殆ど識別できないほどに元の皮膚に戻った。
親の責任を果たしたので、あとは早く結婚してくれれば良いがと願うばかりです。

|

« 下肢血栓性静脈炎 | Main | 舌の痛み(舌痛症) »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白色癜風と黒色癜風:

« 下肢血栓性静脈炎 | Main | 舌の痛み(舌痛症) »