« 中途覚醒 | Main | 慢性蕁麻疹 »

清燥救肺湯

「ためしてガッテン」2010年10月20日放送のテーマは「カゼ?それとも窒息?長引くセキが招く危険」でした。
大人のぜんそく(別名、慢性はく離性好酸球性気管支炎)による“窒息死”もあるよ、という警告。

実は17年前に亡くなった私の母がそうでした。
一週間ほど前から続いていた咳が、次第に呼吸困難へと激化していきました。
乾いた痰の無い咳でした。
「たかが咳ぐらい」と軽く考えていました。
近所の医師にはかかっており、きちんと服薬もしていました。
しかし一向に良くならず、これはもっと大きな病院へ行って調べてもらわなくてはならないなと云っていた矢先のことでした。
口乾と呼吸困難が起こり始めたので、急いで病院へ駆けつけた途中で窒息死してしまいました。
あっけない最期に茫然としました。
死因は肺炎なのか何なのか不明のままでした。

ひどくなった咳を見かねて、私も最期の数日間は一生懸命に考えて幾つかの漢方処方を飲ませたのです。
残念ながら処方は的中しませんでした。
あれ以来長年、後悔の念が続いています。
折に触れ、あの時の状況を思い出しては「あの時どんな処方が良かったのか?」と反省していました。

それが20日の「ためしてガッテン」を見て初めて死因が喘息で、別名が慢性剥離性好酸球性気管支炎による窒息死であったと確信できました。
現代医学ではステロイド吸入薬で治療することが出来るそうです。

そして今なら思うのです、あの時「清燥救肺湯」を使えば救えたのではないかと。
後悔は先に立たずとも、今後のために一筆したためておきたい。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

清燥救肺湯 《医門法律》
(桑葉9 石膏8 甘草・胡麻仁・阿膠・枇杷葉3 人参・杏仁2 麦門冬4)37

清燥救肺湯は温病のひとつである“温燥病”の処方で、「温燥傷肺の重証」に使います。
秋令の干燥した気候が原因で、肺が熱灼され 気陰両傷の状態になっています。

ここで桑葉と枇杷葉のふたつの葉類を使う所に極意があります。
何故なら燥病は肝肺二経にまたがる病だからです。
桑葉は「肺家の肝薬」と呼ばれ、質が軽く寒性である所から「肺中の燥熱邪を清透する」作用があります。
枇杷葉は「肝家の肺薬」と呼ばれ、やはり質が軽く寒性です。
また石膏・麦門冬の甘凉滋潤と合わさり「清金保肺」の効果をもたらします。

|

« 中途覚醒 | Main | 慢性蕁麻疹 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 清燥救肺湯:

« 中途覚醒 | Main | 慢性蕁麻疹 »