« ふたつの荊防敗毒散 | Main | 荊防敗毒散と鳥インフルエンザ »

夜間の咳

夜咳
患者,女,50歳。
2007年1月8日就診,咳嗽が2个月間続いている。
受凉の后、ずーっと夜間の咳嗽が止まらない。
睡眠の前や明け方にかけて,咽痒から始って咳嗽が,一時間近く続き,少量の白い粘痰が出て,寒気がする。
舌質は紅、苔白く,脈は細である。
何度も検査や、痰菌培養、胸部X線検査をしたが異常はなく,抗生素を服用しても無効だった。

中医辨証では中陽不足,寒邪客肺となる。
治療法は温陽通絡,発表散寒。
よって荊防敗毒散加減にて治療を行った。
薬用: 荊芥・防風4 独活・羌活・柴胡・川弓・炙甘草・蝉衣2 前胡・桔梗・桂枝・款冬花3 細辛1 炙紫苑6
水煎服すること,3剤。

復診: 咳嗽、咽痒は明らかに軽減した。
継服すること5剤で,諸症は悉く除かれた。

按: 夜間の咳は治りにくいものです。
夜咳の特徴は日中には咳をしないか或いは少し咳をするだけです。
それが夜になると咳嗽が劇しくなり,入睡前后にはもっとも劇しくなります。
受凉によって起った咳嗽で,痰は白く粘るか或いは泡沫様で,喀出しにくく,少量の痰が出れば楽になります。
これは外邪を感受した時に,治を失したか,或いは清肺寒凉の中薬を過用したり,収渋の品を使用するのが早過ぎて,表邪未解のまま,外邪が裏に入り,肺が宣粛を失し,津液が停聚して痰飲となり,痰と寒が合わさり,寒痰内伏の状態になったためです。
人の陽気というものは夜間は最も弱く,陰気が最も盛んになります。
肺気の宣降が失われ,気血が不暢となった上、陰寒が凝滞すれば,陰血の運行は阻まれて停れば淤血となって,発するのが夜咳です。
これは荊防敗毒散に蝉衣、紫苑、款冬花を加えて治療効果があったものです。

|

« ふたつの荊防敗毒散 | Main | 荊防敗毒散と鳥インフルエンザ »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夜間の咳:

« ふたつの荊防敗毒散 | Main | 荊防敗毒散と鳥インフルエンザ »