« 夜間の咳 | Main | 肝火犯肺(1) »

荊防敗毒散と鳥インフルエンザ

中国の獣薬字に家畜・家禽用薬というのがあります。

商品名を『新感清』(北京康牧獣医薬械中心制薬厰)と呼ぶ散剤があります。
これの内容は“荊防敗毒散”そのものです。
人が使うものと区別するために名前を変えてあるのです。

液剤では荊防敗毒散液剤というのもあり、飲料水に入れます。

[功能]:辛温解表,疏風去湿,風寒感冒,流感。

[主治]: 鳥インフルエンザ(禽流感)、鴨瘟等の家禽病毒病、口蹄疫、猪瘟(ブタコレラ)、感冒等に的確な療効がある。

[用法用量]:
治療:鶏や猪(豚)の飼料に混ぜる。
0.15g/kg体重·日(毎100g本品混合飼料10~12kg,集中給薬),毎天一次,連用三天為一个療程。

預防:1屯あたりの飼料に本品250gを添加して,連用15天。

人にも家畜にも同じように効くのが漢方薬です。
  葛根湯や麻黄湯を使うよりも、今年からは風邪には“荊防敗毒散”を使うようにしては如何ですか?

|

« 夜間の咳 | Main | 肝火犯肺(1) »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 荊防敗毒散と鳥インフルエンザ:

« 夜間の咳 | Main | 肝火犯肺(1) »