« 高血圧 | Main | 鎮肝熄風湯 »

蘇羌達表湯

香白止と都梁丸」の記事にも書きましたが、日頃から白芷(びゃくし)が鼻や頭の症状によく効くので風邪薬に利用されています。

そのひとつに蘇羌達表湯があります。
これは兪根初の原著,徐栄斎重訂《重訂通俗傷寒論》に出ている処方です。

【処方】(紫蘇葉4.5 防風・羌活・白止3 光杏仁・浙茯苓皮6 広橘紅・鮮生姜2.5)30.5

【功能主治】
疏風散寒,去湿解表。
治傷寒挾湿,頭身重痛,悪寒発熱,脈緊無汗,鼻塞咳嗽者。

【用法用量】
如し風が寒より重く,咳嗽して痰が多ければ,羌活、生姜を去り,半夏9g,前胡6g,苦桔梗4.5gを加える。

【釈名】本方の治は,紫蘇葉、羌活を以って君とし,寒邪を駆って裏より表へと出す,故に蘇羌達表湯と名づける。

【方証】外感風寒挾湿,悪寒発熱,骨節酸痛,頭痛身重,舌淡苔白膩,脈浮。

【主治】
(1)冬季の感冒で体に湿のある者。
(2)潮湿の地で風寒感冒に患った者。
(3)風湿性の関節炎の初起。

【歴代医家方論】
《重訂通俗傷寒淪》説:“浙紹(浙江省・绍兴省)の地は卑湿のため,凡そ傷寒にかかれば恒に湿を挾む,故に温の中に滲湿薬を佐として加え,湿が停まるのを防ぐ。
湖南の地は高燥のため,凡そ傷寒にかかれば最も化燥し易い,仲景は辛温薬の中に甘潤薬を佐として加え,化燥するのを防いだ。
辛温発汗法は同じでも,佐使の法則は異る。
正傷寒証を治すには,麻桂(麻黄湯・桂枝湯)の二湯を用いれば,速効する。”

(註1:もし正傷寒証でなく風寒挾湿証だと麻桂の類では効かない。「葛根湯への警告 !」で再三云っている事で、漢方かぜ薬は妄信してはならない。)

(註2:風寒挾湿証は現代ではまた挾飲傷寒(傷寒挾水)証としても現れる。もともと停飲がある所へ,風寒を外感するか,或いは先に風寒を受けた后に冷水を飲んだり,冷茶冷酒を飲んだり,或いは瓜果生冷のものを貪食したりした場合である。現代人には大変多いタイプである。)

---
紫蘇葉といえば日常的な食品のひとつで珍しくもありません。
しかしこれが馬鹿にならない逸品なのです。

《本草正義》紫蘇葉は,芳香で気が烈しい。
皮毛を外に開いて,肺気を泄して[月奏]理を通します;
上焦では鼻塞を通じ,頭目を清し,風寒外感の霊薬です;
中焦では胸膈を開き,脾胃を醒まし,痰飲を宣化し,鬱結を解き気滞を利します。
今日では茎、葉、種子の三者に分けてそれぞれの症に用います。

葉は軽揚なので,風寒外感に用い,肺閉を疏散し,肌表を宣通し,泄風化邪の効は,最も敏捷です。
茎は質堅だが,中空で,大きく豊厚なので,裏気を開泄し,解結止痛,降逆定喘,開胃醒脾の効があります。開泄といっても外感に対してではありません。
種子は滑利して直下し,降気消痰,止嗽潤肺の効で,又これは別の用途を持っています。

|

« 高血圧 | Main | 鎮肝熄風湯 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蘇羌達表湯:

« 高血圧 | Main | 鎮肝熄風湯 »