« 毛嚢炎 | Main | 辨病と潜病の問題 »

亡びゆく漢方

漢方製剤の偽装』の記事で“修治(加工)”のことを書きました。

この度『我が愛しの上海へ』の中の「いろいろな方の訪問を受けて」の記事に次の様な一節を見つけました。

中医学や漢方の世界での薬剤師の存在は非常に大きく、中国でも中国人の中医系の薬剤師はエキスパートとして活躍されている方が多いです。
 というのも、中医学の世界では、薬を調剤する以外にも、生薬を鑑別する目や、さまざまな生薬原材料を炮製(修治)することは、臨床的な作用を高める上でも非常に大切だからです。

 うちのクリニックでもエキス剤ではうまくいかないとき、生薬の原材料を使って加工すれば、結構思い通りにすることもできます。中医学の生薬での伝統の継承は、それこそ薬剤師の技術にかかっているといっても過言ではないのです。

上の記事のように長い歴史と伝統のある中国とは違って、漢方医学が正式な医学とは認められていない日本にあっては、“薬草漢方”を行うには処方権のある医師と、調剤権のある薬剤師との協力が絶対に必要です。
しかしこれは実際には理想であって、そういう関係に恵まれるケースは極く稀でしょう。
前提として先ず漢方に強い興味のある医師の存在があっての話です。
医師だけだと投薬をすることは大変な困難があります。
どうしても生薬鑑別・修治加工・調剤分包ができる薬剤師の手が必要になります。
絵に描いた理想は云うだけで、現実は次の様に法律の制約の下でガチガチに縛られて不可能になっています。

・厚生労働省で認められている薬草の漢方処方は僅か180処方しかありません。 
・それを薬局では薬局医薬品製造業の申請をして、薬局製剤として販売しています。
・180処方については、それらを加減合法などする事は一切認められていません。(2010/04/01 新基準に加減方23処方を追加し236処方へと増加した)
・保険薬価基準には200余種の生薬と生薬末が収載されており、それらを使って医師は処方を組み立てます。
・もし薬価基準に載っていない薬草を使いたければ、保険とは別途に実費となります。
・保険適用されているエキス製剤は現在約150処方で、医師はこれらの範囲内で幾つか組み合わせて処方をします。
・すなわち薬草180処方とエキス剤150処方が日本の漢方の全てです。(お粗末!
(180処方を制定したのは遥か昔のこと、武見医師会会長の時代、大塚・矢数先生らの御骨折り、一体いつまでこの侭なのか?改定も進歩も無いまま、あるだけマシとの温存策か?)

治外法権として残されているのは、奇特な医師がコツコツ研鑽を積んで多くの処方を使いこなせるようになり、それを奇特な薬剤師と組んで薬草を中国から取り寄せ、デクノボウと呼ばれつつボチボチとやっていく事だけです。

まったく、このままでは我が国の漢方は亡び行くしかありません。

|

« 毛嚢炎 | Main | 辨病と潜病の問題 »

グチ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/50717196

Listed below are links to weblogs that reference 亡びゆく漢方:

« 毛嚢炎 | Main | 辨病と潜病の問題 »