« 不妊症の漢方 | Main | 毛嚢炎 »

甲状腺腫と漢方

甲状腺腫(腫瘍・結節)は漢方では「气瘿」「頚粗」と呼びます。
情志の抑鬱により肝が調達を失し,肝鬱気滞となると横逆犯脾となり,脾は健運を失し,痰濁が内生し,痰と気が互結して,循経上行し,喉に結ばれる。
故にその初発病者は主に肝鬱気滞・痰気凝結の証です。

肝鬱気滞による頚粗瘿腫は辺縁がぼんやりして,皮色に変化なく質は軟らかで痛まず,咽の動きに随って上下する;
瘿腫が大きいと沈重感があり,呼吸困難を伴う時もあり,咽下しにくく,声音嘶唖となる;
舌淡紅,苔薄,脈弦。

中医の治療法は整体観念から出発しつつ,局部を考慮します。
患者の全身状況から系統的調理を行うという事は,扶正祛邪,標本兼治,などの方法を用いることです。
これは腫瘤を根治させ,愈后も再発しにくくなります。

辨証分析:
気はもともと無形で,怒れば気は長大になり,喜べば気は消える,故に腫脹は広くて辺界がはっきりしない;
痰は陰邪で,気は結ぼれていても未だ化火していないので,皮色は周囲と同じである;
症は痰気互結に属し,明顕な血瘀の証はない,故に質は軟で痛まない;
舌が淡紅で、苔が薄く、脈弦なのは肝鬱気滞の象である。

治法:疏肝理気,解鬱消腫

方薬:
四海舒鬱丸加減
 (青木香・陳皮・海蛤殻・海帯・昆布・海藻・海漂蛸)

海藻玉壷湯加減
 (海藻10 昆布5 当帰4 半夏・連翹・貝母3 陳皮・青皮2 川芎・独活・甘草1)35

散結湯
 (海藻・昆布・夏枯草・牡蛎・丹参10 鼈甲・連翹・公英7 三稜・莪朮・亀板5 穿山甲・白角刺3 紅花4)96

また同時に消瘤丸・血府逐瘀丸・疏肝丸・消瘿丸(昆布12 海藻8 桔梗・陳皮・檳榔4 蛤殻・浙貝母・夏枯草2)38
などを服用しなければならない場合もある。

久病になれば愈えないばかりか気虚・陰虚・気陰両虚等の証へと転変する。

       结节性甲状腺肿

|

« 不妊症の漢方 | Main | 毛嚢炎 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 甲状腺腫と漢方:

« 不妊症の漢方 | Main | 毛嚢炎 »