« 口角炎 | Main | 腰膝酸軟(足が無力で歩けない) »

肝火犯肺(3)

五行説では「金制木」の関係で、本来なら(肺)は(肝)を制しています。

しかし慢性病などで経過が長くなると「肝火」が強くなる場合があります。

肝火が強すぎると逆に肺が熱で焼かれるという逆現象が起こることがあります。

これを肝火犯肺(木火刑金)といい、肝火の暴走です。

肝火が暴走すると実に色々な症状が現れます。

例えば 動物アレルギー、クシャミや鼻水、目の痒み、肛門の痒み、寝汗、夜間の喘息、耳鳴り、怒りっぽく疲れやすい、不眠、被害妄想、物忘れ、抜け毛 などなど。

ひとつひとつの症状を聞いていると、どれも皆相当激しい症状ばかりです。

主証・客証の関係も分からなくなり、症状の多彩さに振り回されます。

私が振り回された2年間の体験を整理しておきます。

その間に使った処方は実に20を越えます。

主なものをあげれば、百合固金丸 秦艽鼈甲散 天王補心丹 当帰六黄湯 月華丸 二陰煎 ほか。

その殆どは滋陰剤でした。

得体の知れない熱の症状を滋陰することによって鎮めようと図っています。

どのようにも工夫すれど、まるで無効で症状は転々しました。

ある時期、多彩な症状のうち最も困っていたのは吸入を必要とするほどの喘息性の咳と胸の痛みでした。

ここでふと、肝火犯肺の証を思い出したのです。

木火刑金などという通常にはあり得ない証を思慮の圏外に置いていました。

しかし方策が無くなって、ついにこの途方もない分野へと入っていかざるを得なくなりました。

それが 瀉白散+黛蛤散(地骨皮・桑白皮・粳米・海蛤殻10 甘草・青黛1)42 でした。

これのどこにも滋陰剤は入っていません。

軽揚な性質の地骨皮・桑白皮に、粳米・海蛤殻・青黛という用途希少の薬味です。

味も淡白で、いままでの濃厚な味に比べればずっと飲みやすいでしょう。

こんな軽い処方で果たしてあの熱が取れるだろうか?

ところが「今回の新しい漢方はとても効いています。胸痛と胃痛もなくなり咳も大分減りました。尻の穴の痒みもなくなりました。」との返事です。

やったね、肝火犯肺のツボさえ抑えておけば何とかコントロール出来そうだ。

長い道のりでしたが、患者さんが信頼してついてきてくれたおかげで私も大きな宝を手に入れることができました。感謝です!

|

« 口角炎 | Main | 腰膝酸軟(足が無力で歩けない) »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 肝火犯肺(3):

« 口角炎 | Main | 腰膝酸軟(足が無力で歩けない) »