« 膀胱咳 2題 | Main | 胃咳 »

800証候

中医臨床診療術語-----証候部分 というのを見つけました。
ここには800種類の「証候」が網羅されています。
どうして中国の老医師達はこんなに緻密な検証が出来るのだろうか?
中国3000年の歴史とはやはり たいしたものだと思う。
たとえば 3.6陰(液虧)虚証 を細分して次の様に分類している。

3.6.1陰虚陽浮証
3.6.2陰虚血燥証
3.6.3陰虚動血証
3.6.4陰虚動風証
3.6.5陰虚津虧証

日本人にはここまで細心に考察する人はそういないでしょう。
分類が精緻になればなるほど証の意味が明確になり、病人を治す確率が上がると思います。
細分化した証候の定義があれば、逆に定義の方から治療者の頭を刺激してくれるという事にもなるでしょう。

私もこれからは800証候に基づいて弁証をしていきたいと思っています。
HPを「800証とは 」にアップしましたので見てください。

以前 「2657の中医証候」というブログを書きましたが、これは細かすぎて実用には向きませんでした。
でも今回のはきっとお役に立つでしょう。

|

« 膀胱咳 2題 | Main | 胃咳 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 800証候:

« 膀胱咳 2題 | Main | 胃咳 »