« 肝火犯肺(3) | Main | 膀胱咳 2題 »

腰膝酸軟(足が無力で歩けない)

頭暈目眩,腰膝酸軟,夜尿頻数

金X X,女,53歳,1981年8月来診。
患者は数年来,常に頭目暈眩(めまい)と,腰膝酸軟(だるい)無力があり,道を歩くと膝ががくがくするし,心悸・失眠・気短(息切れ)等の症もある。
血圧は高く,降圧薬を常服している。
これまでに脳立清・清眩丸等の中薬湯剤を服用してきた。
用いた薬物系は:石決明・珍珠母・竜骨・牡蛎・菊花・白芍・生地・玄参・亀板・夏枯草・牛膝・代赭石・鈎藤・竜胆草 等である。
しかし効果はなく,体力は次第に弱まってきた。

病史と症情を聞いてみると,患者は三、四年前から月経が乱れ始め,時には無い月もある,有る時は漏下して止まず,長く持続し,次第に頭暈と眼花(目のかすみ)が出現する,身体は疲れて力が無くなり,ひどい時には両膝が酸軟となり,歩くと両脚はおぼつかなく,頭は重く脚には力が入らない感じで,心悸・失眠・健忘・気短 等の症がある。
その后 月経は次第に少なくなり,ついには断絶してしまった。
医院での検査は,血圧が高く,ある期間 降圧薬を服用して,症状はすぐに好転したが,停薬すると直ぐにまた再発した。
曽つて中薬を服薬したが効果は現れず,かえって食欲減退と,大便稀溏(下痢)が出現した。
細かく病情を問えば,発病の初期には心中が時々熱くなり,頭面部も時々のぼせてカッカした,手足の中心も時々熱くなったが,その后は次第に減少した,続いて全身は疲乏無力となり,時々寒くなり,手足は気候の寒い日は常に冷えている,下腹は常に冷たく,小便は清長で,回数が多い,それも夜間尿が頻数である。
絶経期の前には毎夜小便は1回あるか無いかだったのに,現在では毎夜3~5回以上もあり,且つ尿意が緊迫して我慢できなくなる。
口は渇かないが,かりに飲むとすれば水ではなく,熱湯を飲む,如し冷水を飲むと胃の具合が悪くなり,全身が冷える。
患者の面色は蒼白で,口唇は淡潤,眼胞には虚浮があり,舌は淡紅で体は肥胖している,苔は白くて滑潤,脈は沈弱。
発病の年齢や,病后の変化から,其の症情を分析すれば,此の証は肝腎不足に属し,陰(血)陽(気)両虚の侯である。
治には補肝益腎,双培陰陽の法を以ってする。

二仙湯加減
 (仙茅・淫羊藿・巴戟天2 寄生・川続断・白芍・生山薬4 益智仁・狗脊・当帰・白菊花・生地・陳皮3)40

3剤の后,頭目眩暈は軽減し,腿脚にも少し力がついた。
又3剤の后,大いに好転を見た。
ここで患者は別の老中医にかかり、違った処方をしてもらった,すると2剤を服した后,症状が重くなって,又余に治を求めて来た。
其の処方を視ると,なんと鎮肝息風湯加減であった。
余はまた前に戻って二仙湯加減方を用いることにした。
9剤の后,頭暈目眩は明らかに好転し,腰膝の酸軟や,脚下の飄浮感が減った。
尤も明らかに好転したのは,小腹・四肢が発凉しなくなり,全身の畏寒も消え,且つ温暖感さえ出てきた事である。
小便の次数も減少し,毎夜1~2回になり,緊迫不禁の感じも無くなった。
あとは人参養栄丸・金匱腎気丸等を用いて療効を鞏固にした。

医生甲 「高血圧の頭暈目眩には,—般に平肝潜陽法を多用するのに,老師は何ぜ補腎壮陽法を用いたのですか?」
老師 「高血圧病は西医が名付けた全身性の慢性血管疾病です。中医は眩暈・頭痛等から辨証論治を進めます。
《内経》云く, “諸風掉眩は,皆肝に属す”と。
是れにより此の証治は肝を離れることはない。
此の証の多くは肝陽上亢か或いは肝火偏旺である。
陽亢或いは火旺の原因は大変多く,恚怒が解けなければ肝陽暴張となるし,また憂鬱已まざれば気鬱化火となり,或いは肝血不足すれば肝陽失濡となり,或いは腎陰虧損に因りては肝木失涵となる。
故に張山雷は《中風斠詮》の中では努めて此の証に対して滋陰潜鎮の法を重用し,金石介類薬を用い,重墜潜降して,肝陽を平らかにしようとする。
張錫純は此の基礎の上に立って,さらに一歩を進め,滋陰養血・重鎮潜陽と粛肺・降胃・疏肝の法を結合して応用した。
そこで制作したのが鎮肝息風湯である,地黄・萸肉・白芍等を重用して陰血の虚を滋し涵木となし;竜骨・牡蛎・亀板等の重鎮で以って潜陽をし;玄参・麦冬で肺気を清粛する,肺気が粛降下行すれば,自ずから能く肝木を鎮制する;赭石は胃気を降して冲気を安んずる。
以上の諸薬は能く諸臓腑の逆上の気を降す,さらに牛膝を加えて気血を引いて下行させ,以って亢陽して平降するに利す。
但し肝は将軍の官で,其の性は条達を喜び抑鬱を悪む。
其の気は剛暴にして,尤も強制平降を悪む,故に茵陳・生麦芽等の升発の品を加え以って肝気を疏達する,更には川棟子を加えて肝気を引いて下行させ,上逆せしめない。
故に此の方は誠に陰虚陽亢を治す良方であり,現代でも臨床に広く応用されている。
但し臨床実践からみると,高血圧で陰虚陽亢に属する者は多いが,其の他の証に属する者も決して少なくはない。

しかし本患では既に陰虚火旺の五心煩熱や,面紅して醉う如き事が無く;また冲・胃気上逆による気が少腹より上冲することが無く;また便秘・嗳気が無く;更には肝陽上亢・気血逆上の頭中脹痛発熱や,目脹耳鳴や,脈の弦長有力も無い。
却って疲乏力・心悸失眠・気短健忘等の気血両虚証がある;又腰膝酸軟・脚下無根等の肝腎不足や,筋骨軟弱の象がある。
更には面白・畏寒・肢冷・小腹発凉・夜尿頻数難禁等の陽気の虚衰・腎関失固の兆候が現われている。
ましてや滋陰潜鎮等の寒凉薬を服用した后では,食欲減退や,大便溏稀等の症を出現していることより,薬が証対していなかった事を説明しており,其の人の中陽が不振になったのである。
上述の一系列の症状を看れば,其の証は陰血不足のみにあらず,更には陽気衰弱を兼ね,腎陽虚衰の象たるや尤も明らかである。
中医の治病は,薬は証より発す,是の証あれば是の薬を用いると。
故に我が們では其の症情により補陰血・助腎陽の法を採用し,満足な療効を収めている。」

医生乙 「どうか老師、ちょっと此の証の病機と治療について教えてください。」
老師 「本患者の病はおよそ三、四年前に起る。
開始時には月経は紊乱し,経漏して上らず且つ長く持続した。
この后になって漸く頭暈目眩,身疲乏力,腰膝酸軟、脚下無根等の感覚が出現し,并せて心悸・失眠・気短・健忘等の症も出た。
上述の症状を除外すれば,開始時には心中煩熱や,頭面部の升火等の症があった。
その后になって漸く畏寒・手足発凉・小腹発冷・夜尿増多の現象が出現した。
上述の疾病発生発展の全過程を看れば,其の病は先ず傷陰血が始まりで,初起時には陰(血)傷有熱の証が現われたが,后には次第に陽虚則ち寒的局面を現わしてきた,是れは陰損及陽,陰(血)陽(気)両虚の証である。
《内経》に説く,“年四十なれば陰気は自半となり,起居衰える”。
一般に云われているが,人は40歳前后にもなれば,人体の陰血と陽気はみな虚衰し始め,生機は次第に減退する。
特に女人では,七七(49歳)前后になると,多くは腎気は虚衰し,冲任虧損となり,天癸が竭きれば,地道は通ぜず,月経が断絶する。
本患者の初病の時は正に七七の際に属し,加えて長期に亘って経漏は止らず,陰血は損耗している。
陰虚すれば則ち熱する,故に初起には五心煩熱・頭面升火の症があった。
此の種の熱象は虚熱である,乃ち陰血が虚損して不足すると,陽気は相対して亢盛したためである。
陰血の耗傷が過多になると,則ち陽気は必然的に虚乏する。
陽は陰を宅とし,陰は陽を根とし,陰陽は互いに生養する事を前提としている。
陰虚が甚しくなると,必ずや陽気を生ずる源が無くなり,継いで陽気の虚の情況が出現する,是れは陰損及陽であり,陰陽両虚の証である。
頭暈目眩が出現する訳は,一つには血虚気弱のために,上へ升って頭を濡養できないからである;二つには腎陰腎陽の虧損で,精髄が充足しないからである。
盖し腎は骨を主り髄を生ずる,脳は髄海なり。
髄海が有余なれば則ち軽勁多力にして,自ら制御できる;髄海が不足すれば則ち脳転耳鳴し,脛酸眩冒となり,目は見る所無し”。(《霊枢·海論篇》)
故に此の証の治療時の,既要は“壮水を主にして,以って精血を生ず”,又は“益火を原として,以って陽気を生ず”。《医学会心録》
陰陽を并せ補えば,既に陰中に陽を生じ,又陽中に陰を生ずる。
処方中に用いる当帰・白芍・生地・山薬で陰血の虚を滋養し;仙茅・仙霊脾・巴戟天で陽気の弱さを扶助し;寄生・川断・狗脊で肝腎を補い,筋骨を強め以って生髄益脳をし;益智仁は山薬と合さって,脾腎の陽を益し陰液を収摂する功があり,脾腎陽虚で陰液不摂の証に対して最も宜しい。
此の方を綜観すれば補陰しても傷陽せず,助陽しても灼陰せず,陰陽を并補して,持ちつ持たれつである。
二仙湯の原方には知母・黄柏がある,此の証には已に内熱の象が無い,故に之を去るのは,其の苦寒の性が,陽気に碍るのを恐れるからである。

|

« 肝火犯肺(3) | Main | 膀胱咳 2題 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 腰膝酸軟(足が無力で歩けない):

« 肝火犯肺(3) | Main | 膀胱咳 2題 »