« 陽痿(インポ)2 | Main | 熱中症について »

睡眠時無呼吸症候群

嗜睡-呼吸暫停綜合症を患って八年になる,また中風にも罹り三年経つ。
2006年8月来診。
訴えでは1998年から,嗜睡が次第に重くなり,この幾年は,する事がなくて,人と会話しなければ,坐っていても立っていても一分間もしないうちにすぐ睡りに陥る。
曽ってハルピン市の某院で嗜睡-呼吸暫停綜合症と診断された。
三年前に中風に患ったが,今では肢体の活動は正常だが,言語がもう少し渋る。
面色は紅潤で,身体は壮実,肚が出て怒り肩,声は大きいが喋り方は鈍い,行動もやや遅純ぎみ。
頭暈と眼のかすみがあり,飲食二便は正常である。
舌は淡紅で苔は白厚膩微黄,脈は左が弦,右寸が浮で尺は弱。

 濁陰上逆,清陽在下,陰陽が逆転している。

清震湯合苓桂朮甘湯:(蒼朮20 荷葉・茯苓10 白朮4 升麻・桂枝・灸甘草2)50 五剤。

 二診:気分が好転したが,まだ嗜睡あり。舌は淡紅で苔は白膩微黄。脈は前と同じ。

清震湯合用平胃散加味:(蒼朮20 荷葉・葛根10 升麻・厚朴2 陳皮3 姜黄4 麻黄0.5 酒軍1)52.5 五剤。

 三診:更に進歩して,頭暈と眼のかすみは無くなり,嗜睡も好転した。
する事がなくて,人と会話しなくとも20数分間は持ち,語渋の情況も前と比べて好くなった。
舌は淡紅で苔は白微膩,左弦,右脈は前よりも力強くなったが,尺はまだ弱い。

清震湯合平胃散合麻杏苡甘湯:(蒼朮20 荷葉5 厚朴・仙霊脾3 陳皮2 麻黄0.5 杏仁4 意苡仁8 升麻・炮附子3)51.5   五剤。

 四診:病情は大いに減り,基本的にはもう嗜睡情況は無い。
患者は満足して,哈尓濱に返り,前方を維持して療効を固めることにした。

清震汤有妙用

|

« 陽痿(インポ)2 | Main | 熱中症について »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 睡眠時無呼吸症候群:

« 陽痿(インポ)2 | Main | 熱中症について »