« 睡眠時無呼吸症候群 | Main | 慢性蕁麻疹 »

熱中症について

 夏季に暑熱を感受するのを中医学では“中暑”といいます。
暑熱は容易に正気を傷つけます。
また大汗をかけば容易に津液を失います。
その結果、津気両傷の状態になります。

 中医学では中暑を陽暑・陰暑・暑厥・暑風の四つに分けています。

1.陽暑とは突然高熱になり、頭痛・頭暈、汗多・口渇、脈は洪数になります。熱が陽明の部位にまで入っていて、戸外労働者がなる典型的な熱中症のことです。
2.陰暑とは微熱・悪寒、困倦、脈は洪大でも緩です。また面色は蒼白で冷汗が止らず、呼吸は浅く速く、時には人事不省となります。
これも気陰両脱の証候ですが陽暑になるのを避けようとして、内外にかけて冷やしすぎて陽から陰へと転化したものです。
3.暑厥とは高熱・汗出・卒然として神昏(人事不省)となり、舌絳で脈数となります。これは暑熱が営分に侵入し、心包を蒙蔽した危重証候です。
4.暑風とは高熱・煩躁の末に卒然として昏厥し、四肢が痙攣します。これは暑熱が極まって風が内生したものです。

 1.~4.までどれも皆救急を要するものばかりですが、厳密に云えば手当ての方法は同じではありません。(省略)
ただここで気をつけたいのは「2.陰暑」の場合です。
老人や子供には屋内ででも起こる事です。
熱中症になるのを予防するために「こまめに水分を取れ」と喧伝されていますが、あまりにも多く冷水などを取りすぎると逆効果になります。却って体内の陽気を失って陰暑になってしまいます。
そんな時には簡単な「生姜砂糖水」などを作って水分補給にすると良いでしょう。

          

中医辨证论治中暑

|

« 睡眠時無呼吸症候群 | Main | 慢性蕁麻疹 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 熱中症について:

« 睡眠時無呼吸症候群 | Main | 慢性蕁麻疹 »