« 全身の痛み、こわ張り、痛覚過敏 | Main | 胞虚如球証 »

続命湯2

続命湯に追加
急性脳梗塞 (黄仕沛の医案)
謝某,63歳,干部,もと高血圧で,タバコを嗜み,酒を飲む。
2007年夏,中風にかかり,語言蹇渋し,左側肢体が瘫痪となった。
入院治療一周たっても,症状は改善せず,其の子に請われて我往診した。
診:語音不利,左手軟瘫で物を持てず,左足も挙歩できない,面色は晦暗,舌淡で苔は粉を吹いたように白い,大便は不通。
そこで《古今録験》続命湯加味を与えた:
(北芪40 党参10 当帰8 麻黄(先煎)・附子・桂枝・白芍5 干姜・川芎3 炙甘草4)88

三剤の后復診すると,左手は已に能く頭まで挙り,寝台の縁を支えにして動くことができ,語言も前よりも明晰になった。
継続治療一周后,歩行は常のごとく,舌苔は薄白となった。
退院后も,毎周続命湯三剤を服用している。
持続すること一年余り,元気は旺盛で,歩行は常の如く,面色は紅潤,以前あった老人斑も皆消えていた。

|

« 全身の痛み、こわ張り、痛覚過敏 | Main | 胞虚如球証 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 続命湯2:

« 全身の痛み、こわ張り、痛覚過敏 | Main | 胞虚如球証 »