« 立ちくらみ(起立性低血圧) | Main | 足なえ(足膝無力) »

肺の治節について

漢方の古典《素問·霊蘭秘典論》には:“肺者,相傅之官,治節出焉。”と説かれています。
この「治節」とはどういう意味なのか?
書物を調べてみても今までに納得のいく説明と出会わなかった。
語彙的には、治節とは治理・調節の事となっている。
これでは何の事か解らない。
何を調節するのか?
また相傅(ソウフ)之官とは宰相のことで、君主之官である心に対する位置付けである。
現代医学でも心肺機能とまとめて云うようなものか。

肺は気を主り,気が行れば血も行る,
肺は一身之気を主り,心は一身之血を主る;
気は陽に属し,血は陰に属す;
気は動を主り,血は静を主る。

これも何となく解る。
《素問·平人気象論》:“人一呼に脈は再動し,一吸に脈は亦再動す。”(肺呼吸1∶脈搏4)
治節の節をリズムと考えれば、これも解る。

しかし単に呼吸だけでなく、衛気を散布するのも治節の一環とされており、体温の維持恒常や免疫機能をも含めている。

津液分布について、外方向・上方向・下方向への輸布を主るのも肺の治節に含まれる。
“肺は水之上源”といって、腎や膀胱とは別にしっかりと水道の調節に関与しているとされる。

「肺気は粛降し,肝気は升発す」といって、臓腑の気の動きも治節に含まれる。

このように肺の機能の一切を「治節」と呼んでいる。
単なる呼吸器官に止まらず、他の臓腑と関連して動いてやまない様子を「肺者,相傅之官,治節出」と表現しているので、空気の袋のような器官ひとつにしても理解は一方ではない。

|

« 立ちくらみ(起立性低血圧) | Main | 足なえ(足膝無力) »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 肺の治節について:

« 立ちくらみ(起立性低血圧) | Main | 足なえ(足膝無力) »