« 肺の治節について | Main | ものが盗まれたと騒ぐ »

足なえ(足膝無力)

“酒飲み”は歳よりも早く老け込む人が多いように思います。
私の親戚にも後年、足腰が弱って、目に見えて老化が際立った人がいました。
若い頃は毎日のように相当量の酒を飲んでいました。
酒の勢いを借りて気前のいいところを見せるので人気があります。
しかし、いい気になっているとそのうち痛い目を見ることになります。
貝原益軒の『養生訓・巻第六』 「病を慎しむ」には次のように戒めています。

(611) “つねに酒を多くのみて、腸胃やぶれ、元気へり、内熱生ずる故、内より風生じて手足ふるひ、しびれ、なえて、かなはず。‥‥‥酒多くのみ、内かはき熱して、風生ずるは、たとへば、七八月に残暑甚しくて、雨久しくふらざれば、地気さめずして、大風ふくが如し。”

さて、このような人にはどんな処方が良いだろうか?
飲酒は内熱を生じて体の陰分を消耗します。
陰分といえば、心肺肝腎の陰分が主なところでしょう。
その人は心陰が少なくなって心筋梗塞を起こした事がありました。
肝腎の陰が少なくなって膝痛や足なえになりました。
前立腺癌になったのは、もしかしたら肺陰が少なくなって「水の上源」が枯れたからかも知れません。

早くから六味丸を薦めていたのでしたが続きませんでした。
六味丸よりももっと有効なのが虎潜丸《丹溪心法》です。

 黄柏(酒炒,240克) 亀板(酒炙,120克) 知母(酒炒,60克) 生地黄(60克) 陳皮(60克) 白芍(60克)鎖陽(45克) 虎骨(用狗骨代,炙,30克) 干姜(15克)
【功用】 滋陰降火,強壮筋骨。
【主治】 肝腎不足,陰虚内熱之痿証。腰膝酸軟,筋骨痿弱,腿足消痩,歩履乏力,或眩暈,耳鳴,遺精,遺尿,舌紅少苔,脈細弱。

因みに虎潜と名づけるのは「虎は陰類に属し、潜蔵する」からだという事です。
処方の内容から解るように、この処方は肝腎の陰分を強力に補います。
しかし補陰に傾き過ぎても困るので、補陽も少し加えて“陰陽双補”の配慮がなされています。

以前の記事「膝痛 (変形性膝関節症)」も参考にしてください。

|

« 肺の治節について | Main | ものが盗まれたと騒ぐ »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 足なえ(足膝無力):

« 肺の治節について | Main | ものが盗まれたと騒ぐ »