« 足なえ(足膝無力) | Main | 陰火は相火にあらず »

ものが盗まれたと騒ぐ

認知症の初期症状に「ものが盗まれた」と騒ぐ行動があるようです。
これを中医学では“疑病”と呼びます。
最近、米寿に近い親戚の老婦にこの行動が現れてきました。
若い頃から中途覚醒の不眠に悩まされてきて、又よくおなかを壊して下痢をしていました。
脾系の病だなとは思っていましたが、この方の疑病をどのように弁証したら良いだろうか?

『中医症状鑑別診断学』には“善疑”という項目で、心脾両虚善疑をあげています。
「脾は思を主る,脾が虚せば思慮が多くなる。」
あれこれ思慮が過ぎて脳を使うと心血が消耗する。
これは心血自体の不足でもあり、心血を作る脾の虚でもある。
すなわち心脾両臓の機能低下である。(思慮太過暗耗心血,心脾受損)
心血が不足すると神気が養われなくなり、夢見が多くなり中途覚醒したり健忘症になったりする。
それがこのタイプの認知症だという。
対策としては先ず脾虚を補い、心血を増加させなければならない。
そこで登場するのが帰脾湯です。(加味帰脾湯ではありません)

(人参・白朮・茯苓・炒酸棗仁・炙黄耆・遠志・当帰・竜眼肉3 木香1.5 炙甘草・生姜1 紅棗10)37.5

もし薬が飲めない場合には薬酒や薬粥もあります。

① 安神酒:竜眼肉500,桂花(キンモクセイ蕾)120,白糖100,白酒1500ml。

② 大棗茯神粥:大棗14枚,茯神15,粟米60。

中途覚醒と甘麦大棗湯」で述べたように甘麦大棗湯も良いかもしれません。

|

« 足なえ(足膝無力) | Main | 陰火は相火にあらず »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ものが盗まれたと騒ぐ:

« 足なえ(足膝無力) | Main | 陰火は相火にあらず »