« ものが盗まれたと騒ぐ2 | Main | 鼻淵(慢性副鼻腔炎・ちくのう症) »

気虚発熱

馬某々、女、74歳。1993/7/21初診。
午後から38℃前後に発熱する。
食欲は無く、腹の中が熱い。
その熱感は背中と大腿部へと放散している。
掌心の熱は手背の熱よりもひどい。
呼吸が速く疲労が激しい。
口の渇きは無く、腹は張らず、二便はまだ普通にある。
舌質は赤く、苔薄白く、脈は大で力が無い。
劉老師は気虚発熱と弁証した。

病機は脾虚により清陽が下陥し、昇降が失調したため東垣の云う“陰火上乗土位”になっている。
この種の内傷発熱には東垣の“甘温除大熱”の法が当たるべきである。

処方は 補中益気湯加生甘草 とする。
 黄耆20 党参15 白朮・当帰12 陳皮8 柴胡6 炙甘草・生甘草5 升麻3 生姜三片 大棗12枚

五剤を服して食欲が出、体力がつき、午後から発熱しなくなり、腹中の熱感は大いに減じた。
続けて五剤を服し、腹中の熱感もしなくなった。

【按語】これは脾胃気虚により昇清降濁ができず、陰陽が失調した内傷発熱に当たる。
『内経』にこのような病機は既に認識されている。
『素問・調経論』に「陰虚で内熱を生ずるのは何故か?」との問いに対して、岐伯は「労倦ありて形気が衰え、穀気が入らなければ上焦は行らず、下脘は不通となる。そうすれば胃気は熱し、熱気が胸中にこもるから内熱となる。」
ここでの“陰”とは“内”の意味であり、内傷気虚の発熱証の事である。
東垣はこれを“陰火上乗土位”と理論づけている。
当に甘温薬を用いて「補を以って瀉となし、昇を以って降となす」のが治療法である。
生甘草を加えるのは補脾気の中に瀉心火の意味をこめている。
           『劉渡舟験案精選』より

|

« ものが盗まれたと騒ぐ2 | Main | 鼻淵(慢性副鼻腔炎・ちくのう症) »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 気虚発熱:

« ものが盗まれたと騒ぐ2 | Main | 鼻淵(慢性副鼻腔炎・ちくのう症) »