« 左金丸と胃炎(酸水を吐く) | Main | 臓熱腑寒説と温胆湯 »

肝着(脇痛)

劉某々、女、24歳。
もともと感情が抑鬱気味だったが、右脇の脹痛と胸満を感ずるようになってから2年になる。
医師達は逍遥散や越麹丸などで疏肝解鬱を図ったが効果がなかった。
この数日は脇痛が頻発し、まるで一ヶ所が針で刺されるようだ。
痛む所を手で叩くと少し楽になる。
兼ねて痰涎を嘔吐し、また熱いものが飲みたくなり、飲んだ後は暫時 心胸が緩解する。
舌質は暗、苔は薄白、脈は細弦。
劉老師は“肝着”の証と診て旋覆花湯加味を投じた。

 旋覆花・青葱管・柏子仁・当帰・紫絳香・紅花10 茜草・合歓皮12 絲瓜絡20

服薬すること3剤にして疼痛が起こらなくなった。

【按語】《金匱要略・五臓風寒積聚病脈証并治》には“肝着,其人常欲蹈其胸上,先未苦時,但欲飲熱,旋覆花湯主之。”となっている。
 (肝着とは胸を叩いたり摩ったりすると楽になり、発作時には熱いものが飲みたくなる)
肝着は肝の疎泄機能が失われ、気血が鬱滞し、肝絡に淤積ができて経気が不通となったものである。
本証の提示する二点、“其人常欲蹈其胸上”と“但欲飲熱”から、これは“肝着”の特徴と符合するので旋覆花湯加味を用いた。
 原方は 旋覆花・葱白・新絳 の三味からなるが、狙いは下気散結・疏肝利肺・活血通絡にある。
新絳とは茜草で染めた布だが実際には茜草や紅花で代用する。
本案では紫絳香を加え旋覆花の下気散結の作用を助けている。
当帰・絲瓜絡を加えたのは茜草の活血化淤通絡の作用を助けている。
合歓皮は疏肝利気を、柏子仁は養肝血安神を図っている。
葉天士の“通絡法”の基本は“旋覆花湯”にあり、“久病入絡”の証ではこれにて良効を得る。
            『劉渡舟験案精選』より

※旋覆花は肺経にゆき肺気を下降させる。停滞している肝気を旋覆花の利肺作用(下気散結)を助けにして肝自らは上昇しようとする。かくして脇の気は昇降を得て停滞を免れる。

|

« 左金丸と胃炎(酸水を吐く) | Main | 臓熱腑寒説と温胆湯 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 肝着(脇痛):

« 左金丸と胃炎(酸水を吐く) | Main | 臓熱腑寒説と温胆湯 »