« 臓熱腑寒説と温胆湯 | Main | 浅田流漢方とは »

心の病気を漢方で治せるか?

 -三木成夫著『ヒトのからだ』を読んで-
三木氏は“血がのぼる”“胸がおどる”などの“心の動き(感情)”は「心臓」などの臓器である植物性器官による働きであり、感覚や精神は動物性器官のひとつである「脳」による働きだといっています。
すなわち感情と精神を、植物性器官由来と動物性器官由来のものとして区別しています。
心臓がまだ動いている脳死では、精神はもう無いかもしれないけれど感情はまだ残っている。
だから脳死をもって身体の「死」とする訳にはいかないとも。
その伝でいえば認知症も記憶力は衰えていても感情はしっかり残っているから、ゆめゆめ軽んじてはいけないだろう。

Img005

これを読んでハタと膝を打ちました。
神経症・鬱病・統合失調症などの「心の病気」は漢方で治せるか?と常日頃問題にしていたところでしたから。
「心の病気」とは皆 感情すなわち植物性器官由来の病気ではないか!
抗鬱剤などのように脳に効く医薬品ではダメなのではないか。
植物性器官由来、すなわち内臓由来の感情をこそ治療の対象としなければならないのではないか。
中医学では「形神合一論」というのがあります。
「形は心の体、神は形の用」といって、喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の「七情」は各々みな五臓という形(物質)に由来するとしています。
「五臓情志論」では「五臓に虚実盛衰の変化が起こると情志活動に影響が出る」と五臓が主体であるといっています。
《本能的な感覚》である「七情」こそは病む対称です。
《後天的な思惟認識》は病む対称ではありません。
ならば治療の対象となるのは内臓であって脳ではない!
かくして私の粗雑な論理によれば、中医学や漢方で「心の病気」を治すことが出来るとなります。
.
※植物性器官と動物性器官については 同源と潜病(臓象学説) にも関連しています。

‥‥‥

次に中山英子氏の論説の一部の要略を転載します。

-宇宙のリズムに呼応する内臓波動-

「内臓の復興」「内臓の声に耳を傾けよ」「内臓の感受性を大切に」ということを三木成夫はいっているが、その理由は人の目につかないところで、昼も夜も休むことなく黙々と働きつづける内臓系こそが“本”で、睡眠という休みを取らなければならない脳神経や感覚器は“末”であるという発生学的な観点からです。

私たちの消化管の祖先は、五億年以前に現れた海綿動物やクラゲなどの腔腸動物に始まり、魚たちや両生類の脊堆動物の時代を経て哺乳動物の出現から六千四百万年の歴史がある。消化管には億の記憶が秘められている。「内臓の復興」が実はそのまま「心情の涵養」につながる、と三木成夫は説いた。

腸の超能力については消化吸収という事自体が「自己」と「非自己」を区別する免疫そのものである故、「食べる」という行為が運動と同じ位い重要なことである。静脈栄養法では腸に食物が入って来ないので消化管ホルモンが出なくなり、胃腸の壁は紙のようにうすくなり、膵臓も見るかげもなく小さくなってしまう。

‥‥‥

逢沢 堅 『おかねのかたち』
第三章 ヒトのかたちは生物史とともにできてきた
第一節 ヒトは心の目覚めた動物である

-心とは内臓のはたらきのことである-
神経系の一部である頭の極端な発達によって、ヒトは内臓のはたらきを心の動きとして感じ取るようになった。

たとえば、膀胱に中身が詰まると収縮するが、感覚はこれを不快の心情としてとらえる。逆にこの収縮がとければ、これを快の心情としてとらえる。空腹・酸欠・膀胱や子宮の充満などの〝内臓系の切迫〟は、神経系によって伝達され漠然とした不快感として表出される。‥‥‥内臓系の切迫は、いつも漠然とした無明の心情として、曖昧で靄につつまれた情感としてわたしたちに受け取られる。‥‥‥無意識下に沈んだままである。

|

« 臓熱腑寒説と温胆湯 | Main | 浅田流漢方とは »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

(2012/10/11 読売新聞 )呼吸生理学が専門の昭和大医学部教授 本間生夫氏の観察では、観世流能楽師の梅若猶彦さんが能の「隅田川」で我が子を亡くした母親を演じた直後に呼吸の変化を調べると、激しい身体運動は伴っていないのに、悲しみの表現によって呼吸が激しく乱れていた。

ここにも「悲しみの感情と肺呼吸との関連性」が述べられています。「心の病気」を内臓からもアプローチできるのではないかという一つの根拠になるのではと思います。

Posted by: youjyodo | 2012.10.11 at 11:41 AM

心臓の拍動、血管の拡張・収縮、発汗の過多は、いずれも自律神経を介して脳からコントロールされていると聞いたことがあります。脳の中の植物的機能を司る部分があり、そこが自律神経を介して内臓機能を調節しているそうです。
そして、心の病気に使われる薬の多くは、植物的機能を司る脳部位への作用を持つようです。
脳と体、感覚と感情、などなど、単純に二分して考えるのは危険かもしれません。

Posted by: kgh02362 | 2012.10.24 at 09:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10949/55845583

Listed below are links to weblogs that reference 心の病気を漢方で治せるか?:

« 臓熱腑寒説と温胆湯 | Main | 浅田流漢方とは »