« 頑固頭痛と清震湯 | Main | 背部悪寒と苓桂朮甘湯 »

小兒肺炎と桂枝加厚朴杏子湯

初XX,男,3个月,
発熱して四日目,咳嗽,呼吸が早い,ひきつけが2度あった,1961年2月24日に某医院に入院。
検査:体温39.4℃,脈搏106回/分,発育及び営養は中等,右肺聴診で稍濁,両肺の呼吸音は粗糙,干ラ音及び小水泡音が,右肺で著しい。
腸鳴音がやや亢進している。
血化験:白血球数12,900/ml3,胸レントゲン:右肺の上下に片状陰影あり,肺紋理は模糊。
臨床診断:腺病毒(ウイルス)肺炎。
.
病程と治療:患児は2月21日に突然発熱し,咳嗽,少量の痰あり,腹瀉を伴う,日に四、五回ほど,黄色い溏便,元気がない,母乳をあまり飲まない,二日后 咳嗽気喘が重くなった,続いて某門にて診治療,退熱消炎止咳等の西薬を用いたが効なし,2月24日突然ひきつけが2度起こった,3,4秒間持続する,間隔時間が短い,そこで某院へ入院した。
高熱で無汗,煩躁して泣く,時に驚惕不安等がある,先ずテラマイシンを次いでエリスロマイシン等をと西薬を用い,并せて大剤の麻杏石甘湯や銀翹散加味を服させ,冰嚢にて熱を取り除こうとしたが,症状は改善せず,すぐにエリスロマイシンを停止した。
.
27日になって蒲老に会診を請う,その時の発熱は40℃,無汗,面色は青黄,咳と喘満あり,横隔膜が動き足が冷えている,口の周囲は色青ずみ,唇に色が無い,脈は浮滑,指紋は青く,気関(第二関節)の上まで透っている,舌質は淡,苔は灰白,胸腹が張って満。
此れは感受風寒に属する,始めに辛温薬にて疏解するのが宜しかったのに,反って辛凉苦寒薬を用いて,表鬱にしたので邪は深く陥入し,肺衛が不宣となってしまった。
治法は調和営衛によって,透邪出表させるため,苦温と辛温の合法とすべし。
.
桂枝加厚朴杏子湯加味を用いる。
処方:桂枝五分 白芍六分 炙甘草五分 生姜二片 大棗二枚 厚朴五分 杏仁十粒 白僵蚕一銭 前胡五分 一剤。
.
服薬后に微汗が出て,体温が漸く退き,元気が出てきた,喉間には水鶏のような音がからみ,腹満はまだあり,横隔膜の動きは少なくなった,母乳をよく飲むが,まだ便溏が一日五回ある,口の周囲の青色は少し退き,脈は滑だが微ではなく,指紋の青色も亦稍退いた,舌は淡で苔は穢白。
営衛が和したといえど,肺気はまだ閉じており,湿痰が阻滞している,宜しく温宣降逆化痰の治法を採るべし。
.
射干麻黄湯加減を用いる。
処方:射干五分 麻黄五分 細辛三分 法半夏一銭 紫菀五分 五味子七粒 炙甘草五分 炒蘇子一銭 前胡五分 生姜二片 大棗二枚 一剤。
.
服薬后に体温は36.4℃まで降り,元気が出て,全身の肌が潮潤となった,足はまだ温まらないが,腹満は減り,二便は元へ戻った,面色は青白く,右肺の水泡音もまだ多い,左肺は較べて少い,脈は沈滑,舌は淡で苔は退いた。
既に表邪は解けたが,肺胃はまだ和していない。
宜しく肺胃を調和し,益気化痰を治法とすべし。
.
厚朴生姜半夏甘草人参湯加味を用いる。
処方:西洋参五分 川厚朴七分 法半夏一銭 炙甘草五分 生姜二片 橘紅五分 両剤。
.
服薬后に僅かに微咳あるも,呼吸は正常となり,食欲は増進し,大便は日に一、二回で形を成す,小便多く,両肺の呼吸音は粗糙で,少し許り干ラ音がある,脈は沈細で滑,舌は正常で,無苔。
.
二陳湯加白前、蘇子、枇杷葉、生姜を用い,肺胃を調え、痰湿を化して善后を図る。
.
連服すること両剤にて,停薬して観察することにする,後は乳食にて調養する。
3月8日のレントゲン:右肺の片状陰影は吸収されて一部分のみ,臨床上では正常に恢復しており,退院となった。
.
按:本例は早春に発し,まだ風寒犯肺の症であるのを,前医は春温と論治し,大剤の麻杏石甘湯合銀翹散及び冰嚢にて冷やしたので,熱は解けず,そのために寒邪が鬱閉し,営衛不通となった,蒲老は張仲景の“喘家には桂枝湯加厚朴杏子を作るのが佳い”というのに基ずいた,桂枝で解肌し営衛を和し,厚朴、杏子で寛中と利肺気,加白僵蚕、前胡にて祛風、肺閉を宣し,一剤にて微汗を得,熱が降りて喘も減った,
どうしてこれを風寒犯肺で春温に非ずと知ることが出来たのか?
蒲老は高熱無汗、咳して喘満だが、面青く足冷え、唇淡く舌淡、苔が灰白、脈が浮滑でも数ではない等の寒象を抓えて,これが風寒犯肺,営衛不和であると知った,若し是れが風温なら,必ずや高熱汗出、喘して煩躁し、面赤く唇紅、舌赤く苔黄、口渇して脈数等の熱象を現すはずである。

|

« 頑固頭痛と清震湯 | Main | 背部悪寒と苓桂朮甘湯 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小兒肺炎と桂枝加厚朴杏子湯:

« 頑固頭痛と清震湯 | Main | 背部悪寒と苓桂朮甘湯 »