« 乾癬の考察2 | Main | 中医学の紹介 »

苦心の論考

《傷寒論》の辨太陽病脈証并治の(6条)は次の様になっています。
「太陽病,発熱而渇,不悪寒者,為温病。若発汗已,身灼熱者,名曰風温。風温為病,脈陰陽倶浮,自汗出,身重,多眠睡,鼻息必鼾,語言難出,‥‥‥」
.
ここで疑問になるのは「温病にも太陽病期はあるのか?」という事です。
温病といえば「衛気栄血」が弁証の基準ではなかったか。
太陽病とは傷寒病についての、太陽・陽明・少陽・・と続く六経病期の一つではないのか。
(1条)には既に「太陽之為病,脈浮,頭項強痛而悪寒。」と傷寒/太陽病の定義が出来ている。
(6条)の温病/太陽病だと「発熱而渇,不悪寒者」で、これでは同じ太陽病とは云えない。
.
この疑問は既に昔からあるようで、簡単に後人の攙入文として無視している例もあります。
しかしまともに受け取って苦心の論考をしている人もいます。
張錫純もその一人です。
《医学衷中参西録》の「5.太陽温病麻杏甘石湯証」には次の様に云っています。
.
《傷寒論》(63条)発汗后,不可更行桂枝湯,汗出而喘,無大熱者,可與麻黄杏仁甘草生石膏湯。
.
この条文と(6条)を比べると、「発汗后(63条)」「発汗已(6条)」は同じ。
「喘(63条)」「鼻息必鼾(6条)」は同じ。(口息から出るのは喘で,鼻息から出るのは鼾)
「無大熱(63条)」「灼熱(6条)」は同じ。(灼熱は外表にある熱で,無大熱とは心中に熱が無い状態を指す)
.
双方の条文は同じような並び方をしている事が分かる。
だから(63条)は温病の提綱の通りで、麻杏甘石湯は温病を治す方剤である。
.
かくて中風(2条)・傷寒(3条)・温病(6条)の三大提綱が篇首に並んでいるのであり、仲景は各経の病証を誤服することの無きようにと意図したものと張錫純は云う。
.
※果たして真実はどうなのか?
この記事は「温病は太陽病なのか」という『経方医の幻日記』にほだされて調べたものです。

|

« 乾癬の考察2 | Main | 中医学の紹介 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 苦心の論考:

« 乾癬の考察2 | Main | 中医学の紹介 »