« 瀉白散の応用 | Main | 食道裂孔疝 »

高脂血症2

高脂血症1 では瓜蒌薤白半夏湯を取り上げましたが、今度は三子養親湯も使えるという話です。

三子養親湯治療高血脂症案

沈某,男,51歳,体格が良く,体重は90kg以上,検査では血脂(コレステロール)が極めて高かった。
西薬を服したが降脂効果は無かった。
1990年12月に就診。
其の面色は潮紅,油ぎってテラテラしている,舌紅く苔黄で垢が厚い,脈象は弦滑且つ数,按じて有力。
中性脂肪は730mg/dl。
痰湿瘀阻と辨じられる。
このままだと中風の虞れがある。
治には滌痰活血化瘀の法が宜しく,三子養親湯加味を用いる。
.
(紫蘇子・莱菔子・冬瓜子・赤芍・丹参・茜草3 白芥子・皀角子2)22 水煎服,毎日1剤。
半月后には490mg/dlに下がった。
継いで前方に柴胡・川楝子2 焦三仙各3gを加えて服した。
1月后には290mg/dlとなった。
.
[評析]高血脂症は,古くは無い病名で,中薬治療には成法は無い。
趙氏は其の形体の肥胖と脈滑・苔膩を見て,痰湿瘀阻と判断し,痰喘の治療に用いる三子養親湯に,冬瓜子・皀角子を加えて五子滌痰湯と名づけ,滌痰消膩を図った。
更に赤芍・丹参・茜草を加えて活血化瘀を,また柴胡、黄芩・川楝子を配して瀉肝熱を,或いは焦三仙・水红花子・大黄を配して疏調三焦を図り,高血脂症・単純性肥胖等に対し好い治療効果を得た。

|

« 瀉白散の応用 | Main | 食道裂孔疝 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高脂血症2:

« 瀉白散の応用 | Main | 食道裂孔疝 »