« November 2012 | Main | January 2013 »

河豚中毒の後遺症

李某某,男,41歳,京城某酒店職員。
1992年10月7日初診。
2ケ月前誤って河豚魚を食べて,中毒を引き起した。
最近になって時々全身が顫え,頭目が眩暈し,手足に麻木感があり,睡眠中に驚いて醒め易く,血圧が高くなった。
舌紅,苔白膩,脈弦数。
肝経の熱盛動風と辨じ,凉肝熄風を治とする。
処方:
羚羊角粉1.2 鈎藤・茯神・白芍・竹茹15 桑葉・菊花・生地・浙貝母10 当帰・竜骨・牡蛎20 甘草6
.
服薬すること七剤,手足麻木・身体の顫えは明らかに減軽し,精神も安静になり能く入睡できる。
惟だ頭目が発脹する感じがあるので,
原方の白芍を30に増やし,別に夏枯草15を加えて,
再進すること七剤,諸症は皆愈えた。
.
【按語】«素問.至真要大論»に説く: “諸風掉眩は,皆肝に属す。”
本案の臨床を綜観するに,病は厥陰肝経に在ることは疑い無い。
其の原因を究めれば,乃ち河豚を誤食し毒熱を厥陰に内陥させてしまい,肝経の熱が盛んになり,痰濁を煉成し,傷陰動風となったせいである。
羚羊鈎藤湯を凉肝養陰,化痰熄風のため投じた。
薬が病機に合って効を取るのが速かった。
此れにて何病かを論ぜずとも,要は弁証論治と工夫に在る事が分かる。
      『劉渡舟験案精選』より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メニエール病と益気聡明湯加味

李某,男,44歳。1994年3月7日初診。
反復発作性眩暈を患って已に両年余り,眩暈はいつも労累によって誘発される。
先ず左側の耳塞耳鳴となり,継いで天旋地転するのを感じ,目を開けておられず,体を横にすると,悪心嘔吐がひどくて堪えられない。
発作は何時も必ず全身が疲乏して無力となった時に起こる。
某医院では“メニエール氏綜合征”と診断された。
舌には苔が白く着き,脈は弦無力である。
劉老は此れは中気不足,清陽の上升不能によるものと考えた。
治法は補益中気,升発清陽とし,化痰降濁を佐とすべし。
疏方:
(黄芪16 白芍15 党参14 半夏・竹茹12 甘草・陳皮・葛根l0 蔓荊子・白朮6 黄柏・柴胡・升麻3 生姜3片 大棗12枚)
.
服薬すること五剤で眩暈は大いに減り,体力が増した。
又上方を十剤服させたら,諸症は悉く除き,以後は再発していない。
.
【按語】本案の眩暈は中気不足,清陽不升で,“虚眩”の範畴に属する。
«霊枢・口問»に説く:“上気が不足すれば,脳は満たされず,耳は鳴り,頭は傾けることが出来ず,目は眩む。”
本案の弁証の眼目は,眩暈がいつも労累に因って発することである。
李杲の云う“内傷気虚の人は,煩労過度になれば,清気は升らず,忽然として昏冒する也。”
今 補益中気,升発清陽の方を用いて,証情が相合った。
本方は益気聡明湯・補中益気湯・温胆湯の三方の合用加減から成る。
益気聡明湯は王肯堂の«証治凖縄・類方»から出て,専ら中気不足,清陽不升,風熱上擾の頭痛・眩暈に設定されている。
更に補中益気湯で其の力を助け,温胆湯で痰濁を化せば,功効は更に宏くなる。
      『劉渡舟験案精選』より
.
.
※メニエール病といえば日本では《脾胃論》に収載されている半夏白朮天麻湯が代表的な処方でしょうか。
半夏白朮天麻湯にはもう一つ、《医学心悟》にも同名の処方があり、双方の内容はかなり異なっています。
《脾胃論》黄柏 干姜 天麻 蒼朮 茯苓 黄耆 沢瀉 人参 白朮 神曲 半夏 麦芽 橘皮
《医学心悟》半夏 天麻 茯苓 橘皮 白朮 甘草 蔓荊子

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冒眩と沢瀉湯

朱某某,男,50歳,湖北潜江県人。
頭目が冒眩し,終日昏昏沈沈として雲霧の中にある如し。
両眼はぼーっと開いているだけで,双手は顫え,筆を握って字を書く事も出来ない。
視ると舌は異常に肥大し,苔は白滑で根部が略膩を呈し,脈を切すると弦軟である。
心下に支飲ありて其の人は冒眩を苦しむ”の証と辨じられる。
.
《金匱要略》“沢瀉湯”: 沢瀉24, 白朮12
.
第一煎を服して,未だ何にも反応は見られず。
患者は家属に対して説わく:此の方薬は僅か両味しかない,吾は最初から効かない気がしていたが,やっぱりそうだ。
ところが第二煎を服した后,まだ飲み終わらぬ内に,全身と前胸と后背から濈濈と汗が出るのを感じた。
手で拭うと汗は黏っており,頭目が清爽となり,身体が軽くなるのが感じられた。
又服すること三剤,継いで微汗が少し許り出て,久困の疾は次第に愈えていった。
.
【按語】“支飲”とは四飲の一つで, 水の象形の一つである。
木の技のように水が心下に隣接して結ぼれ散らないのでこの名がある。
冒眩”とは普通の頭目眩暈とは異なる。
冒とは頭に物を被ったようで,精神が清爽ならざるのを指す;
眩とは目がくらんで物がハッキリ見えないのを指す。(めまい ではない)
«内経»に云わく: “陽気が精なれば神を養い,柔なれば筋を養う。”
心下に支飲があれば,心陽は被われて頭を温める事が出来ず,頭目は冒眩となり,眼はただ開いているだけになる;
陽気が筋脈を充さないので両手は震える;
舌体が異常に肥大しているのは心脾気虚で,水飲の浸漬が上にあること,乃ち心下に支飲がある証拠である。
急ぎ上の水勢を滲出させ,中州の土気を守らなければならない。
故に沢瀉湯にて単刀直入に飲を去れば陽気は自ずから達する。
薬力は大きく、即効性である。
      『劉渡舟験案精選』より
.
※冒眩と眩暈はかなり違う症状なのですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

李老“火鬱発之”を論ず

以下の内容は 李士懋、田淑霄先生の新版《火鬱発之》から摘録した:
.
経に云う“火鬱は之を発す”,これを王冰は汗を以って発するだけでは,足りないという。
発するとは乃ち鬱火を透発させて解するという意味である。
景嶽は窓を開いて曝させると喩えており,趙紹琴老師は熱い麺を食べて,残らず振るい出せ,熱くなければ散らす事は出来ないと喩えています。
火鬱の治則を,趙老師は“其の壅塞を祛り,気機を展布させること”と総括しています,気機を暢達させれば,熱は自ずから外へ透達して解し易くなる。
.
では如何にして“其の壅塞を祛り,気機を展布させるか”?
其の気機を阻遏する邪の不同,部位の異,程度の別を視て之を祛る。
寒邪は辛温で散じ,湿邪は化し,気滞は疏し,熱結は下し,瘀血は活血祛瘀すべし。
邪が去りて気機が暢達すれば,残った鬱火は自ずから外へ透達して解し易くなる。
.
透邪固き事を其の要とする,然し既に火熱が内鬱すれば,また之を清すべし,故に余は鬱火を治すに,“清透”の二字で概括するのである。
透とは,即ち其の壅塞を祛り,気機を展布させること,清とは,即ち鬱伏する火熱を清泄させること。
鬱火を清することは,火熱幡灼を清する事とは異なる,寒凉になり過ぎると,気機を冰伏させ,鬱熱を更に遏伏させてしまう,必ず透を先とし,清を佐としなければならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

食道裂孔疝

楊某,女,71歳。
糖尿病を患って10余年,ずーっと趙氏の中薬調治によって,病情は穏定していた。
最近 胃脘部の疼痛のため,某医院でバリウム検査を受けて食道裂孔疝と診断された。
1991年9月初診,面色は蒼白で,形体は肥胖しており,上腹部に持続性の飽脹がある。
疼痛時に,口干するが飲みたくはない,脈象は沈軟,舌淡で苔白く潤っている。
脈証合参すれば,中陽不足・気虚下陥と辨じられ,益気補中・升陽挙陥法が治法となる。
.
補中益気湯加減:
(生黄芪5 生地・熟地7 白朮・升麻・当帰・青皮・陳皮3 柴胡・党参・炒枳殻・防風2)42
.
上方7剤の後,復診したところ胃脘脹痛は已に止み,バリウムX線検査では胃の内壁はつるつるしていて,陰影は見られず,拡張は良好だった。
食道裂孔疝は已に消失していると説明され,益気和胃法に転方して調理とした。
.
[評析]食道裂孔疝は脹痛が主症状である。
患者には素もと糖尿病の疾患があり,面白形胖・短気・乏力があった。
これは気虚で中陽不足の象である。
脹痛を病むけれども,舌淡で脈は軟,全く邪気の兆候が無い。
まして胃壁が陥入して食道裂孔になった疝とは,気の虚陥に他ならない。(※横隔膜の下陥と見た)
《内経》に言わく“陥者は之を升げよ。”
故に益気補中・升陽挙陥の法を以って治療して痛みは止り疝は消えた。
.
※食道と胃の接続部には横隔膜があり、食道はこの横隔膜を貫通して胃につながっています。
貫通している部分を食道裂孔といい、裂孔が大きくなって筋膜が緩み、胃の上部が横隔膜から飛び出して胸の方に入り込んだ状態が食道ヘルニアです。
生まれつき緩んでいることもありますが、多くは加齢や腹圧の上昇による筋肉の緩みが原因です。
.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高脂血症2

高脂血症1 では瓜蒌薤白半夏湯を取り上げましたが、今度は三子養親湯も使えるという話です。

Continue reading "高脂血症2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

瀉白散の応用

瀉白散には 盗汗,蕁麻疹,倒経鼻衄,月経先期,にきび,皮膚掻痒症,淋症,咳嗽,鼻衄 など多様な応用がある。

Continue reading "瀉白散の応用"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鼻血と瀉白散

瀉白散(小兒薬証直訣)
(地骨皮・炒桑白皮・粳米10 炙甘草1)31
.
【主治】
肺熱喘咳証。
気喘や咳嗽し,皮膚が蒸熱し,それが日暮れに尤甚しい,舌紅苔黄,脈細数。
.
【方論】
桑白皮は清肺熱,瀉肺気,平喘咳;
地骨皮は肺中深伏の火を瀉す,陰虚有熱者に対して尤宜し;
甘草・粳米は養胃和中。
四薬を合用すれば,清熱しても陰を傷らず,肺を瀉しても正気を傷らず,肺気が清粛になれば,咳喘は自ら平となる。

Continue reading "鼻血と瀉白散"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

漢方薬の升降(補)

升降失常で思い出されるのは「便秘」です。
便秘のひとつのタイプは、疏泄をつかさどるはずの肝気が機能しない“肝鬱”によるものです。
肝鬱は長引くと化火するので、この熱を去るために大黄・センナ等が多用されます。
大黄・センナは苦寒の降薬です。
これを長く使い続けると熱は消え、逆に下降しすぎて冷えや虚が定着してしまいます。
今度は冷えや虚による便秘、"冷秘"や"虚秘"になります。
そんな時に必要になるのが升薬や温薬です。
今まで下降しすぎていたのを、補中益気湯などで ちょっと上升させてやるだけで升降が整い、便秘が解消します。
いわゆる「補の瀉」です。
以前に書いた「慢性便秘」にもあるように、病院からプルゼニドを沢山 長期に貰って蟻地獄のような深みに陥って、あがいている人を見かける事があります。
くれぐれも "虚秘"と“実秘”の区別をわきまえて欲しいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

漢方薬の升降并用

升とは升薬を指す,即ち升浮作用を有する薬物であり;降とは降薬を指す,即ち沈降作用を有する薬物である。
丹渓は指摘している:“人身の諸病の多くはより生ずる。”:“百病の多くはを兼ねる。”
では鬱とは何ぞや?
曰く:“とは升るべきに升らず,降るべきに降らず,変化すべきに変化せず,此れが為に伝化(代謝)が失常して,六鬱の病となる。”
凡そ気鬱・湿鬱・痰鬱・血鬱・食鬱・火鬱など,諸鬱の病は違っても,其の本は升降の失常に他ならない。
鬱なれば病み,病めば則ち鬱である。
故に病を治すには鬱を兼治すべきであり,鬱を治すには升降を調えれば良い,升降を并用するのが治鬱の用薬の秘訣である。
.
昔の賢人には升降の妙用例が多くある。
仲景の葛根芩連湯の主治は陽明の熱利であるが,君薬の葛根は升浮の作用にて火鬱を散じ,芩連の苦寒薬と合わさって陰を堅め利を止める,云わば升降并用の祖方である。
補中益気湯は升麻・柴胡を用いて陽気を大いに升げる。
若し陰火の上衝が強ければ,黄柏・知母を加えて苦寒瀉火させよと東垣は主張している,これも亦 升降并用である。
大便不通の治療に用いる通幽湯・済川煎には,通降の群薬の中に升麻を一味配入している。
是れは升を以って降の助けとするという,古人の組方の妙である。
要するに病が下に在れば応に升げることを知るへきであり,病が上に在れば須らく降すことを知らなければならない。
降さんと欲すれば必ず先ず升げよ。
升げんと欲すれば必ず先ず降せ。
純升純降にしてはならない。
升中に降有り,降中に升有り,升降并用して以って臓腑の常に復させるべきである。
臨床で常用する升薬は,凡そ味が薄くて体が軽く、辛散宣発の風薬は皆これに当たる,升麻・柴胡だけではない;
凡そ寒凉瀉火や滲泄下行の品は皆 降薬に属す,芒硝・大黄だけではない。
.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノロウィルス感染性胃腸炎

全国でロタウイルスやノロウィルスによる感染性胃腸炎が猛威を振るっていると報道されています。
以前「ノロウィルスと漢方」という記事を書きました(2005.01.18)が、参考のため中国の事情を追加します。
中国ではロタウイルス感染性胃腸炎を輪状病毒性胃腸炎といいます。
.
湖南中医学院の王建玲は小兒の秋冬季腹瀉を藿蘇苓朮湯にて治療したとの報告があります。
.
藿蘇苓朮湯(藿香・白朮・茯苓・太子参・車前子・山楂子炭6 紫蘇葉・厚朴3 煨葛根15)57
.
加減:腹痛腸鳴者加木香1.5;夾食滞者加神麹6 砂仁I.5;瀉如水注,小便短少者加沢瀉・滑石6;肛周紅赤,有化熱之象者少佐黄連1.5
.
《小兒衛生総微論方·吐瀉論》では泄瀉の病機に対して次のように述べています。
“吐瀉は脾胃虚弱・乳哺不調の基礎の上に,風寒暑湿の邪が正気を犯したものである。”
.
疾病発生の季節はまさに秋末冬初であり,気候が凉に転ずると,基本的に小兒の“脾は常に不足する”。
そこへ復た風寒に感じると,脾胃は受傷し,水は反って湿となり,穀物は反って滞となり,ついに泄瀉となる。
此の病理を基礎として、方中の藿香・紫蘇葉は疏風散寒・芳化湿濁を;白朮・茯苓は健脾助運により水湿の邪を祛る;葛根は発表と升陽をし,太子参と合わさって益気生津を;厚朴の辛温は燥湿行気・下気降逆を;車前子の清利は小便を利すことにより大便を実しさせ;山楂の散結は消脹を,炒炭存性にしたのは酸収止瀉の効を具有するためである。
かくして疏風散寒・滲湿止瀉を果たし,祛邪しても正気を傷らず,邪は外へ出てゆき,湿は裏より解する。
中医は“治病には必ず本を求める”のを忘れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脈痺3

脈痺の辨証と治療のいろいろ
.
1. 風寒阻絡証
方薬:蠲痺湯加減
(羌活・独活・秦艽・海風藤・桑枝・川芎5 桂心・当帰・細辛3 乳香・広木香2 甘草1)44
.
加減法:痛甚加威霊仙7 防己5;悪寒・無汗加荊芥・薄荷3 麻黄5;発熱・汗出,加柴胡5 知母3 石膏7;湿盛,加苡仁7 草薢5
.

Continue reading "脈痺3"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脈痺2

脈痺を瘀より辨治する

病案1:患者李某,女,62歳,農民,于2002年12月24日来診。
同年7月に右下肢がいつも疼痛し,次第に重くなった。
昼軽く夜重い,時に痛みがひどくなる。
継いで右下肢に下から上へと次第に腫起が発現し,近来では膝関節以上へと腫れが発展した。
曽って地郷の県医院で治療を受けた事があるが,明らかな療効は見られなかった。
12月初めに某医院で検査を受け,血管造影で右下肢の多発性静脈血栓と診断された。
経済的に困難だったので,入院せず中医の診治を受けることにした。
いまは右下肢の疼痛が甚しく,日夜とも痛むが,夜間は更に劇しい。
右下肢の脚部から上へ向かって股中上部まで皆腫れ,按んずると凹陥し,膚色は余り変っていない。
右下肢は軟にして乏力,行走は困難である。
舌質は暗紅,辺に歯痕あり,脈は弦細渋。

Continue reading "脈痺2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脈痺1

脈痺は正気不足のところへ,風寒暑湿燥火の六淫が混ざって,血脈を侵襲したために,血液が凝渋し,脈道が閉阻し,肢体疼痛・皮膚不仁・皮色黯黒或いは蒼白・脈搏微弱或いは無脈等を引起す事を特徴とする病証である。
本病は一年の四季に均しく発病する。
ただ湿熱者は多く夏季に発し,寒湿或いは陽虚の者は冬季に好発する。
脈痺の語は《素問·痺論》より出て、血脈症状を主とする痺証である。(風寒湿邪阻滞血脈所致的痺症)
臨床的には不規則な発熱や,肌膚の灼熱感・疼痛があり、皮膚には紅斑がでる。
多くは血虚により,寒湿邪が血脈に留滞するからである。

Continue reading "脈痺1"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中医学の紹介

中医学は中国の長い歴史を経て蓄積された素晴らしい医学です。
中国のネット上でも多くの知見が発表されています。
それらは中国語で表現されているため日本人としては十分に読み取ることが出来ません。
私はなんとかして幾らかでも内容を察知したいと思って中国語講座を数年学びました。
お陰で何分の一かは理解できるようになりました。
進歩を続けている中医学があまりにも素晴らしいので、少しでもその内容を他の方にも分かってもらいたくなります。
それで僭越ながら下手な翻訳を省みず、気に入った記事があると直訳して他の方に読んでもらおうと考えました。
それで、このブログには沢山の中医学の報告例の直訳がアップしてあります。
出典には必ずURLをリンク表示してあります。
記事内容は、決して私個人の知見ではありません。
発表されたご本人様には幾重にも感謝申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2012 | Main | January 2013 »