« メニエール病と益気聡明湯加味 | Main | 枸杞子で寝汗をかく »

河豚中毒の後遺症

李某某,男,41歳,京城某酒店職員。
1992年10月7日初診。
2ケ月前誤って河豚魚を食べて,中毒を引き起した。
最近になって時々全身が顫え,頭目が眩暈し,手足に麻木感があり,睡眠中に驚いて醒め易く,血圧が高くなった。
舌紅,苔白膩,脈弦数。
肝経の熱盛動風と辨じ,凉肝熄風を治とする。
処方:
羚羊角粉1.2 鈎藤・茯神・白芍・竹茹15 桑葉・菊花・生地・浙貝母10 当帰・竜骨・牡蛎20 甘草6
.
服薬すること七剤,手足麻木・身体の顫えは明らかに減軽し,精神も安静になり能く入睡できる。
惟だ頭目が発脹する感じがあるので,
原方の白芍を30に増やし,別に夏枯草15を加えて,
再進すること七剤,諸症は皆愈えた。
.
【按語】«素問.至真要大論»に説く: “諸風掉眩は,皆肝に属す。”
本案の臨床を綜観するに,病は厥陰肝経に在ることは疑い無い。
其の原因を究めれば,乃ち河豚を誤食し毒熱を厥陰に内陥させてしまい,肝経の熱が盛んになり,痰濁を煉成し,傷陰動風となったせいである。
羚羊鈎藤湯を凉肝養陰,化痰熄風のため投じた。
薬が病機に合って効を取るのが速かった。
此れにて何病かを論ぜずとも,要は弁証論治と工夫に在る事が分かる。
      『劉渡舟験案精選』より

|

« メニエール病と益気聡明湯加味 | Main | 枸杞子で寝汗をかく »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 河豚中毒の後遺症:

« メニエール病と益気聡明湯加味 | Main | 枸杞子で寝汗をかく »