« 漢方薬の升降并用 | Main | 鼻血と瀉白散 »

漢方薬の升降(補)

升降失常で思い出されるのは「便秘」です。
便秘のひとつのタイプは、疏泄をつかさどるはずの肝気が機能しない“肝鬱”によるものです。
肝鬱は長引くと化火するので、この熱を去るために大黄・センナ等が多用されます。
大黄・センナは苦寒の降薬です。
これを長く使い続けると熱は消え、逆に下降しすぎて冷えや虚が定着してしまいます。
今度は冷えや虚による便秘、"冷秘"や"虚秘"になります。
そんな時に必要になるのが升薬や温薬です。
今まで下降しすぎていたのを、補中益気湯などで ちょっと上升させてやるだけで升降が整い、便秘が解消します。
いわゆる「補の瀉」です。
以前に書いた「慢性便秘」にもあるように、病院からプルゼニドを沢山 長期に貰って蟻地獄のような深みに陥って、あがいている人を見かける事があります。
くれぐれも "虚秘"と“実秘”の区別をわきまえて欲しいと思います。

|

« 漢方薬の升降并用 | Main | 鼻血と瀉白散 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 漢方薬の升降(補):

« 漢方薬の升降并用 | Main | 鼻血と瀉白散 »