« 食道裂孔疝 | Main | 冒眩と沢瀉湯 »

李老“火鬱発之”を論ず

以下の内容は 李士懋、田淑霄先生の新版《火鬱発之》から摘録した:
.
経に云う“火鬱は之を発す”,これを王冰は汗を以って発するだけでは,足りないという。
発するとは乃ち鬱火を透発させて解するという意味である。
景嶽は窓を開いて曝させると喩えており,趙紹琴老師は熱い麺を食べて,残らず振るい出せ,熱くなければ散らす事は出来ないと喩えています。
火鬱の治則を,趙老師は“其の壅塞を祛り,気機を展布させること”と総括しています,気機を暢達させれば,熱は自ずから外へ透達して解し易くなる。
.
では如何にして“其の壅塞を祛り,気機を展布させるか”?
其の気機を阻遏する邪の不同,部位の異,程度の別を視て之を祛る。
寒邪は辛温で散じ,湿邪は化し,気滞は疏し,熱結は下し,瘀血は活血祛瘀すべし。
邪が去りて気機が暢達すれば,残った鬱火は自ずから外へ透達して解し易くなる。
.
透邪固き事を其の要とする,然し既に火熱が内鬱すれば,また之を清すべし,故に余は鬱火を治すに,“清透”の二字で概括するのである。
透とは,即ち其の壅塞を祛り,気機を展布させること,清とは,即ち鬱伏する火熱を清泄させること。
鬱火を清することは,火熱幡灼を清する事とは異なる,寒凉になり過ぎると,気機を冰伏させ,鬱熱を更に遏伏させてしまう,必ず透を先とし,清を佐としなければならない。

|

« 食道裂孔疝 | Main | 冒眩と沢瀉湯 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 李老“火鬱発之”を論ず:

« 食道裂孔疝 | Main | 冒眩と沢瀉湯 »