« 壮火食気とは | Main | 愚痴 »

肝咳

案七:李某,女,45歳。
咳嗽すること3年余,一日の咳嗽は3~7回,毎回約3分間,無痰,咳をする時に両脇と少腹が引き攣るように痛む,劇しいと嘔吐し,鼻衄が出て,小兒の百日咳に似るが,雑治しても効なし。
尋ねたところでは飲食は一般であり,大便は干秘し,二三日に一回,眩暈と腰困があり,口苦して冷飲を欲しがる。
舌質は淡紅で無苔,脈象は沈弦。
.
其の脈症を観れば,肝咳と知れる,肝火犯肺により,木反侮金して来る,四逆散加減を擬す:
.
(白芍・桑白皮・地骨皮・瓜蒌・蘇子・烏梅5 柴胡3 甘草2 青黛1)36 三剤
.
二診:咳嗽の回数が減少して,程度も減軽した,脈は沈弦で,左尺が弱い。
脈弦は肝旺を主り,尺弱は腎虚を示す。
木反侮金とは,乃ち水不涵木也。
当に補腎養肝,滋水涵木すべし。
若し津液が上承すれば,肺気は自ら清粛下降する。
咳を治さずして咳は自ら止む也。
六味地黄湯加減:
.
(生地8 白芍5 蘇子・山薬4 烏梅・茯苓・甘草・丹皮3)33 五剤
.
三診:咳は大いに減り,日に僅か一回,時には仍お嘔吐する。
最近 たまたま右の耳門穴に触れたら,すぐに咳嗽を発した,視ても紅くも無く腫れてもいないが,撫でたり按じたりは出来ない。
風熱内鬱に似ている,故に一触即発する。
宣肺散熱の麻杏甘石湯を擬して試す:
.
(麻黄・杏仁・桑葉・蝉衣・桔梗・芦根3 石膏10 甘草1)29 二剤
.
四診:僅か一剤で,咳嗽は減るどころか反って増し,一日に六七回に達した,用薬に誤りがあったので,復び滋腎柔肝法を擬す:
.
(沙参・麦冬・烏梅・白芍・柴胡・蘇子5 黄芩・甘草3 羚羊粉1(冲))37 三剤
.
五診:咳嗽は復た減り,守方して三剤を続服する。
.
按:《素問·咳論》に云く:“肝咳の状は,咳をすると両脇下が痛み,甚しければ転側できず,転ずれば両脇下満となる”,“肝咳が已まなければ,胆が之を受けて,胆咳の状となり,咳して胆汁を嘔く。”
本案は肝咳に属す,初めに清肝の剤を擬して已に効を見た,后は肝腎同源の理により,滋腎柔肝を以って,症状は緩減を得た,是は本病の治則として有効である。
中途で耳門穴に触れて咳が出るという症に惑い,新しい処方を使った。
宣散を誤用したところ,咳嗽は増劇した,実に肝咳を治す教訓となった。
.
《素問·臓気法時論》に“肝は急を苦しむ,急ぎ甘を食して以って之を緩めよ”、“肺は収を欲す,急ぎ酸を食して以って之を収めよ”の論があるが,此れを経験して失敗した,得たものは深い。
耳門穴に触れると直ぐに咳が出たのは(愈えて后に触れると仍お咳をした),何が原因だったか,まだ分からない。
        臨証実験録 案七:肝咳 より
.
※咳き込むと脇腹に響いて痛むというタイプの咳嗽があり、それを“肝咳”といいます。
病機は「肝火犯肺」で、以前にも二度取り上げましたが、瀉白散がらみを更に追加です。
肝火犯肺(1)

|

« 壮火食気とは | Main | 愚痴 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 肝咳:

« 壮火食気とは | Main | 愚痴 »